« 史上最大の敗者復活戦(その18) | トップページ | 史上最大の敗者復活戦(その19) »

2008年1月 5日 (土)

正月は小ネタがたまる

 先ほど「未来創造堂」で、渡辺久信の群馬県へのこだわりというのをやっていました。群馬県ということは当然、またしても上毛かるたが。渡辺が「私は全部言えます」と言って、やはり「ループで名高い清水トンネル」を放送していました。

 県へのこだわりといえば、「ワースト脱出大作戦」ですが、島根県の話は「リポーターは中村愛アナウンサー」と、現在の身分に一切触れませんでした。2日前に仙台放送局のアナウンサーとして番組で宮城県の宣伝をしていたではないか! 「週刊東洋経済」の住みよさランキングで最下位になった歌志内市については「札幌放送局の永井アナウンサー」と言っているのに。また「次回は3月」と明言していましたが、本当に放送できるんだろうな。

 NHKといえば、今夜の「熱中時間」は正月なので半年ぐらい前の回を再放送していました。「熱中ドキュメント」はペン回しの人を取り上げていましたが、ナレーターは杉本るみでした。そしたら、「クイズ雑学王」の音楽が使われていることがわかりました。本放送のときは気づきませんでした。なぜ熱中時間の再放送を見るかというと、7月下旬に放送した回をやってくれないかと思っているからです。

 時間といえば、「史上最大の敗者復活戦」について、7分間タイムレースは実際は7分ではなかったというコメントがついていました。それは全然知りませんでした。そういえば、エコノミクス甲子園の予選の筆記で、制限時間25分を表すタイマーは実際は26分30秒だという話を聞きました。各予選を見た人たちによると、パソコンのスペックに関係なくどこの予選でも26分30秒になっているので、アプリケーションそのものの問題だろうとのことでした。それで私も計ってみたら、確かに26分30秒でした。そういえばエコノミクス甲子園のリポートはどうなったのでしょうか。もう全国大会が始まってしまいます。

|

« 史上最大の敗者復活戦(その18) | トップページ | 史上最大の敗者復活戦(その19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17581374

この記事へのトラックバック一覧です: 正月は小ネタがたまる:

« 史上最大の敗者復活戦(その18) | トップページ | 史上最大の敗者復活戦(その19) »