« 正月は小ネタがたまる | トップページ | 各局の組織の話 »

2008年1月 6日 (日)

史上最大の敗者復活戦(その19)

 関西ではやっていないと書いた元日の「QUIZ!50/50」のビデオを見ました。問題が雑学で、他の番組で見たもののオンパレードでした。高校生クイズに出たのも何問もありましたし。そういえば元日の夜の「理由ある太郎」も、明らかに「トリビアの泉」のスタッフが作っていましたが、もう知ってて理由を知りたくないと思うネタばかりでした。「相武紗季が芸能界に入った理由」というのさえ、この日の毎日新聞の正月特集に出ていたし。私が毎日新聞を読んでどうする。

 それでは「史上最大の敗者復活戦」の問題の完結編です。

----(ここから)----

答182 床屋(「独裁者」は、1940年の作品。チャップリンは独裁者ヒンケルとユ
ダヤ人の床屋の二役を演じて、ヒトラーとファシズムに対する風刺を行った)
答183 釈迦(鋳物の製造工程で火力が強過ぎると不良品ができてしまうところから、
「火が強か」と、釈迦の誕生日の「四月八日」をかけて、「オシャカになる」という言葉
が生まれたといわれる)
答184 高峰譲吉(1854-1922。明治~大正期の応用化学者。他にも、アドレ
ナリンの抽出などの業績がある)
答185 ステンレス(鉄にクロムを合金させて、普通の鋼よりはるかにさびにくくした
鋼。これにニッケルを加えると、耐食性がさらによくなると同時に粘り強さも増し、いろ
いろな形に成形することも容易になるため用途が広い)
答186 17歳(ちなみにグライダーは16歳)
答187 ブロードウェイ(マンハッタンの街路は主として格子状になっているが、ブロ
ードウェイはそれを斜めに切るように走っている。五番街と並ぶ、ニューヨークの中心商
店街。タイムズスクエア付近一帯には映画館・劇場が多い)
答188 (天の)香久山
答189 ジェノバ(ジェノバのフランス語形Gênesの英語読みがジーンズになったとい
われる)
答190 石英(化学組成SiOを有する低温石英のうち、結晶面がよく発達し
ている白形結晶を水晶という)
答191 3円(これまでは1円だったが、今発売されている昭和58年分から3円とな
った)
答192 地図(1760年ごろ、イギリスのJ・スピルズベリーという地図製図師が、
ヨーロッパの地図を教えるために、国を国境ごとにバラバラにしたはめ絵式の教材を考案
した。これがパズルとして広まり、さらに19世紀にアメリカに渡って、「ジグソー・パ
ズル」の名前がつけられた)
答193 モスク(アラビア語ではマスジッドという。全世界のモスクは、メッカの方角
に向かって建てられる)
答194 七厘(物を煮るのに価七厘の炭で足りる意からという)
答195 ファウスト(天文学者・いかさま医師ヨルグまたはヨハネス・ファウストの生
涯が伝説化され、ゲーテがこれを戯曲化した)
答196 カタクチイワシ(ごまめとは、カタクチイワシの乾製品。正月などの祝賀用と
する)
答197 より強く(1914年の、近代オリンピック復興20周年式典で発表された標
語。フランスの神父ペール・ディドンがラグビー選手に対して与えた言葉を採用したもの)
答198 水銀(常温で液体である唯一の金属である)
答199 T(郵政省の前身の逓信省は、1887(明治20)年2月に、そのマークを
、アルファベットの「T」を形どったものにしたが、このことがわかったため、10日後
に急遽、カタカナの「テ」を形どった現在のマークに変更した経緯がある)
答200 太くなる(使われる毛糸が太いほど、それに合わせて、号数が大きく太いかぎ
針を使う)
答201 つぼみ(カリフラワーはキャベツの一変種だが、葉球を結ばず、中心部に白色
のつぼみが大きな偏球状にかたまって現れ、これを食用にする)
答202 大正時代(警察犬は18世紀のフランスで実用化され、その後ヨーロッパ各国
で採用された。日本では、1912(大正1)年に警視庁で採用された。正式の犯罪捜査
などに利用されるようになったのは1952(昭和27)年から)
答203 牛(牛を3つ重ね、牛が驚いて走る様を表した漢字)
答204 トキワ荘(東京都豊島区南長崎にあった。昭和28年に建てられ、間もなく手
塚治虫が入居したことで、彼に憧れる漫画家が次々と集まってきた)
答205 創世記(50章からなり、天地創造の物語に始まり、アダムとイブ、カインと
アベル、ノアの洪水、バベルの塔を経て、アブラハム・イサク・ヤコブと12人の息子、
特にヨセフの物語に至る歴史の初期のエピソードや系図の集積の体裁をとっている)
答206 セブ島(史上初の世界周航の途中、1521年4月27日、付近のマクタン島
を攻略しようとして失敗し、戦死を遂げた)

----(ここまで)----

 フランス語とか添字が入っているので、そのまま自分の文書にコピーしても正確に表示されないので注意してください。

|

« 正月は小ネタがたまる | トップページ | 各局の組織の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17594841

この記事へのトラックバック一覧です: 史上最大の敗者復活戦(その19):

« 正月は小ネタがたまる | トップページ | 各局の組織の話 »