« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

27回中部大会(その9)

 昨夜、先週の「ためしてガッテン」の再放送を見ていたら、男女が会話していて、つまらないと感じたらこっそり足の下のスイッチを踏むという実験をやっていました。笑顔で話すことや、自分のプライベートを明かすことが、話が弾むことに影響するというのですが、ここで出てきたのが高校生クイズボタンです。あのボタンはフットスイッチというもので、これの本来の使い方をしているのをテレビで見るのは珍しい(数カ月前に、ナポレオンズが仕掛けに使っているのを見たと書いた)。ガッテンはスタジオのセットにも高校生クイズボタンがありますし。
 あと、どうでもいいことですが、今夜の「ナニコレ珍百景」にも、「秘密のケンミンSHOW」で見たばかりのネタがありました。

 それでは27回中部大会です。前回書いたのはいつでしたっけ。だいたい、この予選が行われたのは参議院選挙の日です。暫定税率で再議決しようというときにまだ書き終わっていません。
 長野の決勝です。1問目、正解と思ったら、手のつき方が悪いとしてノーカウントになりました。ちゃんとほふく前進していなかったということでしょう。このとき、手は握っていないといけないようです。2問目で同じチームが今度こそ正解します。4問目までで全チーム1ポイント。この後、2問続けて不正解になります。
 最初に正解したチームが2ポイントになりました。そしてその次の問題も解答権を取って勝ち抜けかと思ったら、またもノーカウントに。今度は衣のつけ方が不十分ということです。しかしその次の問題を取って、結局勝ちました。

 岐阜の決勝は男子2チームと女子1チームです。女子チームにスタッフが、やり方のレクチャーをしています。これが女子ハンデと言えるでしょう。
 1問目は男子チーム、2問目は女子チームが取ります。3問目はもう1チームがフライングしてノーカウントに。4問目は同じチームが解答権を取りますが不正解。そして最初の2チームがともに2ポイントになります。ここから不正解が続いて、結局男子チームが勝ちました。

 この後の三重で、大きいミスが発生します。それについては次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

エコノミクス甲子園九州大会(その8)

 先ほど「踊る!さんま御殿!!」で、ヘキサゴンドリルの話が出ていました。香田晋はコンサートのときにこれを使って観客にクイズを出そうとするが、自分が問題を読めないし理解できないそうです。ラサール石井は第1志望が灘高校だったため、中学時代、社会の勉強を一切しなかったそうです(灘の入試には社会がないので)。そのため、現在でも社会のことがまったくわからず、例えば「クイズヘキサゴン2」で、バカなタレントが社会の問題に答えられないとき、島田紳助から「こんなの常識ですよね」などと振られると、自分もわからないのに知っているふりをしてそのタレントをバカにしているそうです。また、あれだけ博覧強記を装っている宮崎哲弥は日本地理がまったくできず、福岡出身であるにもかかわらずずっと福岡県と長崎県が接していると思っていたそうです。

 それでは福岡で行われてラ・サールが出たエコノミクス甲子園九州大会です。決勝の23問目でラ・サールの3位のチームがマッチポイントです。24問目、このチームがボタンを押します。しかし不正解。26問目、また押して不正解。そして28問目。今度は明らかに自信を持ってボタンを押します。これで決定…せずにまた不正解。
 決勝に用意されていた30問が尽きました。ここからは準決勝で余った問題を使うことになります。すると、やはり問題はやや易しくなります。「コンドラチェフの波」をかなり早い段階で押して、ラ・サール3位が優勝します。結局、同一校が2地区で代表になってしまいました。

 個人賞の表彰です。筆記で1位だったのは女子でした。全問正解なら63点のところ42点です。2位は、早押しに進めなかったチームの人です。チームの1人が個人成績で2位になっているのに、2人の合計点で8位にも入れないということは、もう1人のメンバーがいかにできが悪かったかということです。
 すべてのプログラムが終わると、最後にウルトラクイズのテーマ曲を流します。そんなものまで西日本シティ銀行は用意するか。しかし高校生はまったく反応しません。今の高校生は、ウルトラクイズを見たことがないのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

いろいろなボケ

 今夜の「ヤッターマン」は必見でした。ドロンボー一味がインチキ商売で得た金を前にしていると、「ほほー、かなり儲けたようだべー」という声が聞こえます。3人が「この声は」と声をそろえます。ここで続けてボヤッキーが「毎週おなじみ『ぶらり途中下車の旅』」。するとドクロベーが「おやおや阿藤さん今日はどちらへ? …違うべー! 関東ローカルなこと言うな!」。これまで、滝口順平にぶらり途中下車とドクロベーの両方をさせるというパロディーは見たことがありますが、当の番組でやるとは驚きました。しかも放送地域に配慮しています。最近これと似たようなのでは、「クレヨンしんちゃん」と「仮面ライダー電王」のコラボ企画で石丸謙二郎が「世界の車窓から」のナレーションをするというのがありました。

 クイズと何も関係ありませんでしたね。もう少しクイズに近づく話。今夜の「オジサンズ11」は、出演者がテーマと時間をランダムに決められてスピーチで対決するというものでしたが、福留功男は「秘密」というので1分59秒しゃべっていました。ここでしていた話は、日本テレビの入社試験の英語の問題を出す外報部長がトイレに行くたびについていくというもので、当ブログの初期に書いたネタそのものです。当時は日本テレビの入社試験の一次試験が筆記だったということに驚きます。今って、最初から最後までどの段階でも筆記試験はないのではないか。だから局アナなのにおバカ解答が特徴になるような人も出てくるわけで。

 まだクイズから遠い。今夜の「くりぃむナントカ」は、一発屋とされる芸人が大勢出てきて、ある場面でどちらを選択すれば一発屋になるかという問題を藤崎マーケットとかサンドウィッチマンとかに出すというものでした。クイズ番組で答えるとき、ボケるべきか正解を言うべきかというので、ボケた方が一発屋になるという結論でした。芸人がボケてもスザンヌなどには勝てないと言っていました。なお、スザンヌは「珍解答お願いします」とスタッフから頼まれるが自分は真剣に答えているそうです。思い出しましたが、十数年前になると思いますが、「徹子の部屋」で三遊亭円楽が、「お釈迦様の誕生日にかける飲み物は?」というクイズに「抹茶」と答えたという話をしていました。「我々お笑いは、当然正解はわかりますが、あうんの呼吸でそういうことをやらなければいけないんです」と言っていましたが、ボケる問題のレベルが現在と全然違います。今ならこんな問題は難しすぎて出せないと思います。抹茶が合っているのかいないのかもわからないでしょう。これをスザンヌに答えさせてもまったくおもしろくなりません。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年1月28日 (月)

エコノミクス甲子園九州大会(その7)

 本日、テレビ朝日で「実は…大事典」という番組をやっていました。また雑学番組です。構成にはよく見るクイズ作家もいます。月1回ぐらいのペースでやりそうです。この番組は、テーマに関する雑学を視聴者から募集することでネタの問題をクリアしようとしています。全体的に、初めて聞く話もある一方で、テレビ朝日の他の番組で見た話、フジテレビで見た話、日本テレビで見た話、NHKで見た話とさまざまでした。最も独自だった情報は、NHK気象予報士カレンダーが2007年は平井信行なども出ていたのに2008年は女性だけになったのは「男を2カ月見せられるのはきつい」という消費者の声に応えたというNHK側のコメントを引き出したことではないでしょうか。

 それではエコノミクス甲子園九州大会です。今さらですが、ラ・サールの片方のチームは、高校生クイズの南九州大会決勝で負けたそうです。決勝の1問目、正解が出ません。2問目はトリプルチャンスでラ・サールの3位が取りました。しかしそれからずっと正解が出ません。決勝で問題のレベルを上げると途端にこうなるのか。9問目でやっとラ・サール3位が2ポイント目です。
 11問目「ジャパンプレミアム」を福岡大大濠が取ります。この次にラ・サール4位が3問連取して一気に逆転。次はラ・サール3位が取って追いつきます。17問目「ブルーチップ」を3位が正解して再逆転すると、次は4位が取って4ポイント同士になります。その次に大濠が正解すると大拍手です。これで得点は4・2・4・0になりました。
 22問目と23問目を3位が連取して一気にリーチになります。しかしこのまますんなりとはいきません。それは次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

エコノミクス甲子園九州大会(その6)

 今ごろになって、「ご起源さん」を毎日放送でやっていました。あれ、TBSで放送したのはいつでしたっけ。それで、当ブログに「発祥発見バラエティご起源さん ナレーション」とか「ニューハーフと最初に呼ばれた起源」とか「ガッツボウル 巨泉」など、この番組関連の検索がいくつも引っかかっています。ちなみに「ガッツボウル 巨泉」で検索すると当ブログがトップになります。ついでに書くと、「小野文恵 離婚」の検索で、依然として当ブログが個人のサイトとしては事実上のトップを続けています。もう2年ぐらいそんな話は書いていないと思うのだが。

 それではエコノミクス甲子園九州大会です。10問目でラ・サールが決勝進出を決めました。次の問題を6位の女子が取って、また大拍手です。その次は8位が取りました。これで得点は3・5・1・1です。次の問題は6位が押します。計算できているのにドルを円と言って不正解になってしまいます。この次は8位が取ります。
 すると司会者が席を離れます。何かと思ったら、次の問題の「岩戸景気」が読めなくて、聞きにいったのです。銀行員が岩戸景気を知らないのか! しかも「岩戸」を他の読み方ができるか?
 18問目を8位が取って、得点は3・5・1・3になります。これまで見てきた予選では、すべて筆記の上位チームがそのまま決勝に進んでいましたが、ここで8位の大逆転なるか。しかし21問目と22問目を続けて2位が取って、結局つまらない終わり方でした。

 いよいよ決勝ですが、難航します。それは次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

エコノミクス甲子園九州大会(その5)

 本日の夕刊フジに載っていた、「広辞苑」第6版に「キャバクラ」が収録されなかった経緯がおもしろい。編集部で大論争になったそうです。この記事にある、今回採用された言葉の中で興味深いのは「完食」です。流行語のようなものではなく、人間の基本動作で新しい言葉が作られて一般に使われるようになる。この言葉はテレビの大食い番組なしには存在しません。そういう風に考えると、「早押し」もいつか広辞苑に載る日が来るかもしれません。

 それではエコノミクス甲子園九州大会です。準決勝Aブロックは4チーム中3チームが福岡大大濠でしたが、まずラ・サールが勝ち抜けました。17問目で初めて7位のチームが正解します。さらに20問目、22問目と取って3点に。次は5位のチームが取って、この時点で4チームの得点は4・5・3・3です(5ポイントのラ・サールはすでに抜けている)。そして次の「護送船団」で7位が正解して、ついに勝負がわからなくなりました。しかし28問目、トリプルチャンスで1位が正解して、結局勝ち残ったのは上位2チームでした。

 次はBブロックです。2位と6位が女子です。そしてこちらも4位にラ・サールが入っています。ラ・サールへのインタビューで、同じ学校に筆記で負けたが、決勝ではひっくり返して「東京」へ行くと言います。隣のメンバーが「高クイじゃねえよ」。ここで、全チームの中で筆記の最低点はマイナス3点だったことが明かされます。
 Bブロックは昨日と同じ問題を使うようです。漏れている気配はありません。2問目でラ・サールが正解。4問目、ベタ問の「ケインズ」でラ・サールが正解。そして5問目も取ってリーチになります。司会者が「一時は問題が足りなくなるのではないかと心配しましたが」。
 6問目で2位のチームが正解して大拍手になります。ラ・サールは世間を敵に回しているのか。もし優勝したら、2地区で同じ学校が代表になってしまいますからね。しかし10問目の「インサイダー取引」でラ・サールが正解して一抜けです。開成のウイニングアンサーの「ホワイトナイト」と同様、NHKにちなんだ言葉です。

 この後、銀行員がそんなことを知らないのか。それは次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

ケンミンいろいろ

 昨夜、「熱中時間」15分版を見ていたら、NHKのニュース速報の音が鳴りました。画面に出たのは、トヨタが2007年の自動車販売台数で世界一になったというものです。これって、ニュース速報で知らせるような話なのか? ところが、このニュース速報が誤報だったそうですね。これとそっくりな話をつい最近書きました。緊急地震速報です。やはりNHKの組織が緩んでいるのだろうか。トヨタのニュースが昼間だったら、ニュース速報を出すまでのわずかな時間の間に株を買うのかな。

 先ほど、「秘密のケンミンSHOW」を見ました。栃木県民はかんぴょうなしでは生きていけないというのをやっていました。栃木の人がかんぴょうを大量に食べるというのは容易に想像できるのであまり驚きません。しかしこのコーナーで、かんぴょう祭りでの最大の目玉であるかんぴょうウルトラクイズというのが紹介されていました。そしてスタッフも街へ出て「かんぴょうを食べたいかーっ」と、かんぴょうウルトラクイズをやります。早押しボタンを持たせて、かんぴょうの問題を出すというものです。正解するとかんぴょう巻きを食べられます。でも制作が読売テレビだからか、ボタンも音声もウルトラクイズのものではありませんでした(7回のウルトラのようなボタンだったが)。
 続いてのコーナーが、愛知県民は街じゅうにパトランプを設置するというものです。すべての看板などにパトランプをつけて、目立とうとしているのです。株式会社パトライトによると、10年以上にわたって愛知県が売り上げトップだそうです。電器店でも入り口のところにパトランプを置いています。愛知では早押し機の部品調達が楽ということか。
 そして「県の中心で愛を叫ぶ」では、広島市民球場はシーズンオフでも守衛室で手続きすれば無料で観客席に入れるというのを初めて知りました。一昨年の中国大会のときも、守衛のところに行けば入れたのだろうか。さらに、出会いの場面で出てきたのが、20回中国大会のプレートが埋め込まれているあの場所(紙屋町のそごうの前の交差点の真下)です。私はVTRを見ながら、プレートが映っていないかと必死で目をこらしました。私は高校生クイズの参加者で最もおいしい思いをしているのは20回中国の代表だと思っています。自分の署名を半永久的に残してくれるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年1月24日 (木)

エコノミクス甲子園九州大会(その4)

 「クイズ雑学王」がゴールデンに移った後釜として、「ナニコレ珍百景」が始まりました。単発で一度やっていましたが、「秘密のケンミンSHOW」の「世界ケンミン遺産」と完全に同じです。というか、どちらもNHKでやっていた「発見ふるさとの宝」と同じなのですが。先ほどの放送で「これはNHKでやるべき内容だ」と言っていましたが、実際にNHKですでにやっています。なお、珍百景の単発のときのネタとケンミンSHOWのネタはすでにかぶっています。

 それではエコノミクス甲子園九州大会です。12時から筆記の正解を流します。すると会場の雰囲気が変わります。静寂と歓声の繰り返しです。近似値の正解は1555074円でしたが、1555000円と書いた女子チームがいました。
 早押しクイズを前に、観客の椅子を解答席のそばに並べて座り直させます。それをバックにRKBのリポーターがしゃべっています。早押しボタンのテストをするだけで高校生が盛り上がります。高校生クイズと同じです。

 筆記の平均は2人の合計で22点、勝ち抜けチームの最低点は54点だそうです。満点は126点ですから、いかに難しいかがわかります。まずは準決勝Aブロックの4チームが発表されます。1位、5位、7位がいずれも福岡大大濠です。そして3位がラ・サール。
 1問目、誰も答えません。この問題でスルーになるというのは、レベルが低いか。なお、前の週の土・日は問題が難しすぎたということで、昨日と今日はレベルを下げているらしい。2問目はラ・サールが不正解で5位が取ります。4問目の難問を1位が正解して、次の問題は「1985年」だけでラ・サールが押して「プラザ合意」を答えます。エコノミクス甲子園でこの書き出しだとプラザ合意しかあり得ないということですね。
 ラ・サールが「IBRD」を早いポイントで答えてリーチになります。この地区はクイズマニア系が少ないらしく、関東と違って、知らないとみんなボタンを押しません。結局、ラ・サールが一抜けしました。この後、残りが大接戦になります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月23日 (水)

エコノミクス甲子園九州大会(その3)

 昨夜の「プレッシャーSTUDY」で初めて、過去に出たのと同じ問題を発見しました。これだけやり続けていれば、ネタがなくなるのは当然でしょう。だいたい、あれで出る難しい問題は、「この機会に覚えてしまいましょう」なんて言っても視聴者はみんな覚えられないから、同じのを出してもわからないと思います。

 それではエコノミクス甲子園九州大会です。大分の情報科学高校が11チームも来ています。バスで来たそうです。そしてこの学校は、教師が対策問題集を作っているのです。北九州高専については司会者が、高専ロボコンで優勝したと言っています。この時点では放送されていないのに、なんで知ってるんだ。他にも大量参加の学校があります。
 司会者が非常口の説明をします。これは史上初です。さらに、別の会議室で会合をしているので静かにしろと言います。さらに「喫煙コーナーは外のロビーです」。

 熊本の代表のラ・サールは筆記で45点だったそうです。問題の訂正があるので、昨日と同じ問題のようです。近似値だけ変えてあります。ゴングを鳴らして筆記クイズが始まります。この間に弁当を食べろと言われます。控室に行くと、折尾駅の駅弁として有名なかしわめしがあります。かなり豪華です。
 筆記の終了時にもゴングを鳴らします。ここで高校生の昼食になりますが、その間にスタッフが全員、採点に駆り出されます。30チームぐらいいますからね。会議室に残ったのは私だけです。高校生に何か質問されたら答えないといけないのだろうか。
 この後、結果発表です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

エコノミクス甲子園九州大会(その2)

 M-1グランプリで敗者復活のコンビが優勝しましたが、あの報道ぶりを見ると、敗者復活が勝って騒ぐのは高校生クイズと同じだなと思ってしまいます。

 それではエコノミクス甲子園九州大会です。控室で筆記の問題を見たら、この日の近似値問題は私の作ったものではありませんでした。地区大会の優勝者用に巨大な切符の形をしたパネルが渡されますが、これは西日本シティ銀行が独自に発注したものだということがわかりました。
 他のスタッフは忙しくて、控室がずっと私一人なので、たまに誰か入ってくると居心地が悪い。クイズ会場の会議室に移ります。この会議室にはティーサーバーが備え付けられています。私は仕事がないのですが、前のスタッフの席に座ります。
 この地区の主催者は独自でBGMも用意しています。さらに、筆記の開始時にはゴングを鳴らします。そんなものまで手に入れてきたのか。私は実物のゴングを初めて見ました。

 この会場はRKBが取材に来ています。どの予選も必ずどこかの放送局がいます。11時前にいきなり大音量でBGMを流して、ついたての裏で司会者が叫びます。この司会者は、西日本シティ銀行の営業企画部の人だそうです。
 銀行の部長のあいさつがあります。福岡県はもとより大分、宮崎から参加と言いますが、熊本大会に続いてまたしてもラ・サールに言及しません。参加者紹介は学校単位でやります。ラ・サールは2チーム来ていることがわかりました。この地区は30チームぐらい来ています。関東の倍です。不思議なことに、人口の少ない地区の方が圧倒的に参加者が多いという傾向がありました。沖縄が二十数チーム来たのも書いたとおりですし、中国や四国もこのくらい来ています。
 この後、どこでそんな情報をつかんだんだ。それは次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

エコノミクス甲子園九州大会(その1)

 先日、「ぶらり途中下車の旅」に先に出ていた人が「熱中時間」に出たと書きましたが、今夜、BS JAPANで再放送された2年前の「TVチャンピオン」にその人が出ていました。熱中時間のBS2での放送と続けて出演することになります。ところで、テレビ東京での本放送では、この回の次が「クイズ作家王選手権」だったのですが(というか、私はその回が再放送されないかと思って2年間、BS JAPANの番組表をチェックし続けてきた)、次回予告の映像に、来週はこれとは違う回を放送するという文字がかぶさっていました。

 それではエコノミクス甲子園です。12月15日に関東大会を見ましたが、翌16日には北陸・中国・四国・九州の4カ所で予選があります。どこに行くかということですが、北陸と中国と四国には主催者側の主要スタッフが行きます。また、熊本大会のときに西日本シティ銀行の人から来てくれと言われました。ということで、九州大会に行くことにします。熊本大会に行って沖縄大会に行って九州大会に行って全国大会は沖縄って、なんでこんなに西へばかり行くことになるんだ。2007年は北海道に行く機会がまったくなかったのに。

 会場の西日本シティ銀行があるビルは福岡市営地下鉄の中洲川端駅の真上にあります。しかし入り口がわかりにくくて迷います。外には同じ状況と思われる参加者が結構います。「制服指定ないよね」などと会話しています。
 13階の受付に行くと、スタッフがカメラを回しています。今日は電気関係の操作は足りているそうで、私の仕事はなさそうです。それでもスタッフジャンパーをもらって控室に入ります。今回の筆記クイズの採点用シートを初めて見ました。前回はスキャナーを使っていましたが。今回はウルトラクイズの機内ペーパークイズのように、正解のところに穴を開けた厚紙を使っています。
 この地区も主催者がいろいろと独自なことをやっています。それについては次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

四角を敷き詰める話

 朝日放送は今年からロゴが新しくなりましたが、各番組の出演者がそれを告知するスポットCMに出ています。初めて「アタック25」のバージョンを見ました。児玉清が「ABCで大きく変わったものは?」。すると解答席の沢木美佳子が「ロゴ」。「その通り。何番」。「13番」。13番のパネルがオレンジになります。するとその周りの8枚もオレンジになって児玉が「オー」。さらにその周りの16枚もオレンジになって「オー、オー」。で、新しいロゴが出るのですが、別におもしろくはありません。

 本日、書店に入ったら、「ヘキサゴンドリル」という本があるのを発見しました。

 「クイズ!ヘキサゴン2」の予選の問題をまとめたものです。縦開きになっていて、各回の芸能人の予想順位と実際の結果、そしてバカ解答が載っています。問題監修:道蔦岳史、田中健一、日高大介となっています。480問も載っているので、基本問題を勉強するのにはいいのではないでしょうか。というか、これらの問題を勉強する必要があるようではまずいか。

 それでは例の問題の解答です。書院建築の大広間などは、格天井(ごうてんじょう)という、木が格子状に配置された天井になっているのは見たことがありますね。鎌倉時代の寝殿造りに用いられたものが最初といわれており、重厚で格調高い室内になります。さて、東大寺の境内にある東大寺学園の体育館は、東大寺が仏教行事に使うことがあります。このとき、仏教の荘厳さを維持するためには、天井に格子が必要というわけです。つまり正解は「東大寺が仏教の行事に使うから」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月19日 (土)

27回中部大会(その8)

 1年ほど前に、「ぶらり途中下車の旅」で立て続けに3回、「熱中時間」で取り上げられた人が出てきたと書きました。今回初めて、先にぶらり途中下車の旅に出た人が熱中時間で紹介されていました。まあ、どの番組もお互い様です。

 それでは非常に久しぶりに、27回高校生クイズ中部大会です。決勝のルールは、またしてもエビフライになるというものです。解答者はエビの着ぐるみに足から入ります。しっぽに見立てた足ひれもつけます。問題が出ると、飛び跳ねて進んで、前方にある、衣に見立てたものを転がりながら巻き付けます。マジックテープでくっつくようになっているようです。そのまま、ほふく前進していって、あごで解答ボタンを押します。3人とも抜ければ全国大会です。不正解のハンデは、次の問題のスタートを遅らせられるというものです。このパターンは今回から登場しました。また、女子のハンデはスタート位置が1メートル前になっています。

 まずは愛知です。残っているのは同一校の女子2チームと敗者復活の男子です。女子は申込書に「彼氏ひとすじ」と書いていて司会者に突っ込まれます。1問目、愛知出身のSEAMOの問題で敗者復活が取ります。しかし2問目、3問目とそれぞれ女子が取って、1ポイントずつで並びます。そして女子2チームが1問ずつ取って両方とも王手。結局6問目で女子が勝ちました。

 次の長野からもめ始めます。それは次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

東大寺学園の同窓会

 高校サッカーで大前という人が得点王になっていましたね。私の元同僚は見出しをつけるときに事件を思い出すでしょうね。

 さて、東大寺学園は、私が高2のときまで東大寺の境内にありました。その後、京都府との境あたりに移転しました。東大寺にある旧校舎は最近まで別の用途に使われていましたが、取り壊されるようです。ということで、12月29日に東大寺学園の旧校舎で同窓会をやるという通知が急に届きました。自分の学年だけの同窓会というのは十数年ぶりです。
 しかし、社会常識から考えて、私は同窓会に行く立場ではないでしょう。全国に報道されてるんですよ。どれだけの同級生が知っているのかわかりません。特に、出席予定者の中に現役の読売新聞記者がいます。この人は絶対に知っているでしょう。そもそも通知を出してきた人は、9月の文化祭のとき私に「見たで」と言ったあの僧です。
 それでも、常識に従わないからこそ文章のネタになるのです。堂々と出席しました。そういえば今年、出席者の一人である同級生から突然、年賀状が届きました。かなり昔には年賀状をやりとりしていましたが、今年になって新たな人から年賀状が来るとは思いませんでした。報道を目にしたからとしか考えられません。
 さすがに、みんな空気を読めるので、私に「今は何をしているのか」と聞いてくるような人は誰もいませんでした。

 この旧校舎の敷地には体育館があります。この体育館、実は黒川紀章が設計したのです。わざわざ黒川を起用したにもかかわらず、東大寺学園の生徒は数年しか使いませんでした。舞台の緞帳は、東山魁夷の絵を刺繍で表現したものになっています。
 天井に、このようなものがあります。

P1010050_2


 体育の授業で何かに使うものか。いいえ、体育のときは邪魔になるので左右に持ち上げるようになっているのです。逆に、これが落ちてきて危なかったこともあるらしい。自分がいたときは、何も意識していませんでしたが、今回初めてわかりました。なぜ体育館の天井にこんなものを吊っているのか。それには東大寺学園ならではの理由があるのですが、それでは問題です。東大寺学園の旧校舎の体育館の天井に、赤い格子が吊られているのはいったいなぜでしょう。これって「クイズ雑学王」で使えないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

どうでもいい話

 一般人がエコノミクス甲子園の結果を知るにはどうすればいいんでしょうね。某地方紙のサイトには優勝校名と地元の代表の順位だけ載っていましたが、それだけわかってもしようがありません。クイズファン的には展開とか問題を知りたいわけで。というか、金融知力の普及を目的とするなら多くの人にそれがわかるようになっていないと意味がありません。ここは金融知力普及協会がDVD化すれば結構売れるかも。肖像権などについてはクリアされているはずなので。

 この前の日曜日といえば、「ザ・サンデー」でアメリカ大統領選についての知識を伝える「ウルトラクイズ」というVTRをつくっていたそうですね。ウルトラハットも使われていたらしい。沖縄では見る手段がありません。そういえば、沖縄では「週刊オリラジ経済白書」の10月にやった回を放送していました。そして「クロノス」の9月にやった回を深夜に流していました。

 なぜかこんなところでといえば、今夜の「クイズ雑学王」について、インフォシークのテレビ番組表はこのようになっていました。

----(ここから)----

▽今すぐ使える最新雑学を厳選人に教えたくなる20問雑学芸人VS知性派俳優博識(秘)アイドル…最強No.1決定戦▽爆笑問題
爆笑問題
矢島悠子
東貴博
伊集院光
桜塚やっくん
高木美保
西村和彦
矢田亜希子
水野裕子
宮崎美子
山田五郎

----(ここまで)----

 矢田亜希子? 何かおかしいと思ったら、予想通り八田亜矢子でした。薬指の問題で、劇団ひとりは、自分が「解体新ショー」で説明したのとまったく同じことをしゃべっていました。

 違う番組で同じことといえば、「世界バリバリ★バリュー」と「世界一奇妙なクイズ」で、2本連続して土田晃之の「ツチダ専用ザク」が紹介されていました。世界一奇妙なクイズでは、「熱中時間」に出た紅白歌合戦熱中人も出ていたようで、どの番組もネタに苦しんでいるのが伝わってきます。今回の私の文章も、いかにもネタがないかのようですが、エコノミクス甲子園と27回高校生クイズで数カ月書き終わらないくらいネタがたまっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

エコノミクス甲子園関東大会(その7)

 現在の当ブログの1日のアクセス数は300いくかいかないかぐらいですが、ここ2、3日、急に増えています。明らかにエコノミクス甲子園の結果を知ろうとしていますね。通算アクセス数20万突破が早まりそうです。そういえば、今夜の「ミリオン家族」のスペシャルで、かつみ♥さゆりのさゆりが、100万円取ったら何に使うかというのに、「りそな銀行の借金を返す」と具体的に言っていました。

 それではりそな銀行のエコノミクス甲子園関東大会です。決勝で最初に正解したのは立教でした。「アフィリエイト」を答えた開成が、対策で作った問題と同じだったと言っています。やはりクイズ研はこれに出るための対策をしてるんですね。
 ペーパーで1位だった開成が一気に5ポイントまで伸ばします。さらに、先ほど開成を不正解にした問題が実は正解だったことが判明して、そのままリーチになりました。
 ここから立教が2問取ります。さらに開成が2回連続でウイニングアンサーに失敗します。そして別の開成が取ります。さらに立教が4ポイントになって、さすがに開成があせり出しました。

 しかし「ホワイトナイト」でついに開成が勝ちます。前回の全国大会と同様、クラッカーを鳴らします。ドラマ「ハゲタカ」を見ていたからこの言葉を知っていたそうです。普通はニッポン放送株のときに知ると思いますが。ちょうど優勝者にはNHKのインタビューがあるので、いいネタです。
 個人賞は1位とブービーに渡されるそうです。1~3位は開成の各チームにいます。そして、授与になんと、りそなの会長が出てきました。1位の賞品は辞書と、「ハゲタカ」の原作です。ちょっとできすぎです。ブービーは女子でした。ブービーの賞品は辞書と、熊本で問題が足りなくなったときに使った生島本です。

 ところで、二択アップダウンクイズで負けたチームに、たすきが渡されました。あのたすきは、結局何の意味もありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月15日 (火)

エコノミクス甲子園関東大会(その6)

 前回、バラエティ番組の再放送について書きましたが、これに関して昨夜の「つながるテレビ@ヒューマン」でデーブ・スペクターが、日本でテレビ番組のDVD録画が非常に発達しているのは、アメリカと違ってバラエティ番組が何度も再放送されなくて1回限りだからだと言っていました。ところで、島津アナがデーブに「アメリカABCテレビのプロデューサーだったんですよね」と言うとデーブは「朝日放送ですか?」。NHKでそんなギャグが可能なのか。

 それではエコノミクス甲子園関東大会です。準決勝のAブロック。1問目からいきなり複数のランプが同時についてノーカウントになります。このイベントで借りている某リース会社の早押し機は、時間判定がかなり甘いようです。ここに残っている人たちはいかにもクイズの勉強をしてきたような感じなので、クイズ研っぽいポイントでの押しが続きます。2ポイントのアドバンテージがある開成がすぐに勝ち抜けました。
 「ポートフォリオ」という問題に正解した立教が「株の研究を5年やっているので」。高校生の段階ですでに5年ということは、いつから株に手を出しているんだ!そのチームが2番目の決勝進出になります。

 Bブロック、いきなり開成が連取してリーチです(2ポイントのアドバンテージがあるので)。しかし次は、みんなが早く押しすぎて、最後まで問題を聞けた浦和が漁夫の利を得ます。そしてそのまま4ポイントまでいって、ついに開成に追いつきます。
 しかし11問目、浦和が間違えた問題を開成が取って一抜けします。そして開成のもう1チームが3問連取して、一気に浦和を逆転して勝ちました。司会者「あくまで個人的な感想ですが、開成ばっかりでやだな」。

 この後、決勝でも一筋縄ではいかない展開になります。それは次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

エコノミクス甲子園関東大会(その5)

 このところ、NHKの深夜の再放送を見る話を何回も書きましたが、私はバラエティ系の番組の再放送を非常によく見ます。本放送を見なかった番組をわざわざ再放送してくれるというのは、神が私に見ろと言っているのではないかと思って。で、昨夜も午前2時台に「英語でしゃべらナイト」の正月スペシャルの再放送を見ていました。すると、突然変な音が鳴りました。これって、緊急地震速報ではなかったっけ。しかし、番組は普通に進行していて、警報のテストではありません。いつの間に実際に運用されていたんだ! 初めて聞きました。そしてその直後に、北海道と熊本で同時に地震が起きたことを示す地震速報が表示されました。
 ところが、本日の報道によると、あれは完全にNHKのミスだったそうです。地震速報のテロップを出そうとして、緊急地震速報のボタンを押してしまったらしい。運用開始されてもそう簡単には流れないでしょうから、もしかしたら、あの音を聞く機会は最初で最後になったかもしれません。

 それではエコノミクス甲子園です。全国大会がありましたが、放送されるわけでもありませんから、どこが優勝したかといったことは、書かないと永久にわからないんですね。当ブログで話がそこまでいくのはいつのことになるやら。とりあえず、全国大会のルールはウィキペディアに書いておきました。
 関東大会の結果発表です。筆記の成績で準決勝に進めるのは上位6チームであることが明らかになります。1位、2位、4位が開成です。浦和は6位。しかし準決勝が8チームで行われることは、他の地区のリポートを読めばわかります。残り2チームは二択と手押し車の結果で決まります。2ポイント取って勝ち抜けたのは3チームでしたが、うち1チームがすでに筆記で抜けた開成だったので、残り2チームも問題なく決まりました。

 ここで他球場の経過です。ではありませんが、東北大会は福島高校が勝ったという情報が入ってきました。福島から秋田まで予選に行ったのか! 東京の会場の方がはるかに近いではないか。しかし他地区のチームが越境で代表になると、スポンサーの地銀がそのチームの旅費を負担する大義名分がなくなるから問題があるらしい。でも熊本は特別な事情なので、ラ・サールだけは2地区で代表になれる。

 この後、いよいよ早押しです。それは次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

エコノミクス甲子園関東大会(その4)

 紹介しそびれていたのですが、NHKのBSで「JAPANナビゲーション」という非常におもしろい番組をやっていました。1カ月ほど前にテレビをつけたらBShiでたまたまやっていたのを見て、その2週間後ぐらいに再放送されていました。そしてこの前の木曜日にBS2で放送されていました。内容は、文字を消した国土地理院の地形図から場所を推理して、その場所の歴史を探るというものです。司会が小野文恵アナウンサーで、地図界で有名な今尾恵介氏が出て、ゲストが伊集院光、山田五郎、水野裕子、向谷実という、これだけで十分期待できそうなメンバーです。建設して開業しなかった国鉄名羽線の跡をたどっていました。ネットで誰もこの番組に言及していないようです。存在に気づいていないのでしょう。これだけの番組をつくっておきながら、ハイビジョンで深夜にこっそり放送するのがもったいない。

 それではエコノミクス甲子園関東大会です。筆記をやったにもかかわらず、全チームで二択クイズをやったのでした。そして勝ち残った8チームが今度は「人間手押し車10メートル走」というのをやります。もはや金融経済の教育のためにやっている企画かわからなくなってきました。言うまでもなく、問題が出ると2人で手押し車をやって進みます。前方にはりそな銀行のノベルティの貯金箱(紙製の円筒で、ティッシュが入っていて、使い終わったら貯金箱にする)が4個置いてあります。つまり2チームに1個の割合でしかありません。これを取って早押しボタンを押します。2ポイント先取です。たまたま男子しか残らなかったのでハンデは問題になりませんでした。

 「りそな銀行は、あさひ銀行と何銀行が合併した?」という問題で、開成が「やまと銀行」と答えました。いままで「やまと」だと思っていたのか? りそなの会長は次のうちどれという映像問題もあります。途中、早押し機が壊れて予備に替えたり、貯金箱を取っていないチームがボタンを押してノーカウントになったりしました。
 「札勘」という問題で、実際にスタッフが札を数えるところを見せます。16問目の「ダイテください」とは何のことかという問題で終了しました。これって「トリビアの泉」でやっていたやつではないか。トリビアでは「セキュリティーのため映像は見せられない」という名目になっていましたが、実際はそんなことはないと思います。映像がなくて声だけ聞く方がおもしろい想像ができるからでしょう。16問やった時点で2ポイントになっていたのは3チームです。

 さて、この後ようやく準決勝進出チームが発表されます。筆記と体力クイズの関係はどうなっているのか。それは次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

エコノミクス甲子園関東大会(その3)

 昨年の高校生クイズ沖縄大会で、「最新の広辞苑の見出し語に『○×』はあるが『早押し』もある」というのがありました。第六版が発売されましたが、やはり「早押し」は収録されていませんでした。

 それではエコノミクス甲子園関東大会です。筆記をやったのに、なぜか全チームで「アップダウンクイズ」というのをやります。何のことかと思ったら、上か下かで答えて移動するだけの二択でした。このクイズを通過できるのは8チームだそうです。重ね重ね言いますが、筆記は何のためにあったんだ。なお、「りそなホールディングスが誇る元女優、飯野真由美が出題」と言っています。確かに飯野真由美という女優がいたという記憶はありますが、引退してりそな銀行に入ったのか?
 1問目で3チーム間違えます。なぜか負けたチームにはたすきが渡されます。次の問題。「りそな銀行に注入された公的資金の額は、3兆円より上か下か」。主催者にとって最も触れられたくない恥ずかしい事実を問題にするか! これって「私が留置場にいたのは20日間より上か下か」という問題を出すようなものだろ。さらに次の問題は「サブプライムローンでりそな銀行が受けた損失は5兆円より上か下か」。ただ、こちらの問題は、りそなはサブプライムに手を出していなかったということを示すためのものでした。この問題は全チーム不正解でした。
 2問目で落ちたのが1チーム、そして4問目で1チーム落ちて、8チームが決まりました。

 この後、さらに企画がおかしな方向に進んでいきます。それは次回。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2008年1月11日 (金)

エコノミクス甲子園関東大会(その2)

 1月3日に録音していたラジオ番組を聞きました。かるたについてやっていて、また、上毛かるたというものがあるという話題になりました。そして、誰から言われたわけでもないのにまたも紹介されたのが「ループで名高い清水トンネル」でした。放送関係者は鉄道マニアばかりなのだろうか。もっとも、このラジオのスタッフが前日のNHKを見ていたという可能性もありますが。

 それではエコノミクス甲子園関東大会です。最終的には参加が13チームになりそうです。期末試験を受けてから来た開成の2チームは前回も参加したそうです。遅れていた浦和の2チームが来ました。高校生クイズの決勝で「らき☆すた」を答えた人がいます。

 司会者が、りそなオリジナルクイズがあると言っています。そして、筆記で6チーム勝ち抜けて、残りの中から別のクイズで2チーム勝ち抜けると発表されます。やはり他の地区と根本的にルールが違います。
 筆記が始まるときに、問題の間違いの訂正があります。入学試験みたい。ここは観客に問題を見せてくれないので、25分間(正確には26分30秒)ヒマです。ここは特に書くことがありません。そういえば、この地区は午後に始まるので、参加者に弁当が出ません。

 終わると、昨年も会場になった大講堂に移動します。じゅうたんにテープで1~4のスタート位置が示されています。いったい何をするのか。そして筆記の結果発表がされないまま、「チーム仲良くラウンド、アップダウンクイズです」。アップダウンクイズって、いったい何をするんだ? それは次回。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

エコノミクス甲子園関東大会(その1)

 昨年の高校生クイズでは、「らき☆すた」を答えたことについて、そんな問題を出したことと浦和が正解したことの両方に対してネット上で祭りのようになっていました。私にはこの作品がどのくらいのものかわからないのですが、本日、朝日放送の「ムーブ!」を見ていたら、埼玉県鷲宮町がらき☆すたで町おこしして、全国からの「聖地巡礼」で大盛況になっているというのをやっていました。そういえば鷲宮神社の初詣客数は全国で3位か4位になったそうですね。
 ところで、最近、私がここで紹介したことは必ず誰かが動画サイトにアップします。このコーナーもきっとアップされるに違いない。というか、ムーブ!だからもうアップされてるかも。

 それではついに12月15日のエコノミクス甲子園です。この日は東北と関東の予選があります。関東はクイズマニアなら誰でも行きそうなので東北に行きたかったのですが、東北大会で仕事をする人から、ぜひ関東に行ってくれと言われました。関西大会は、二人三脚などの独自企画なるものを多数つけ加えられた結果、かなりひどい進行になったらしい。同じ銀行が関東大会も担当します。いったいどんなことをされるのか見てほしいというのです。

 制服の高校生についていって、りそな銀行東京本店に入ります。りそな側の人は全員、はっぴを着ています。そして、受付のところにNHKのスタッフがいます。今回の大会は、どの予選も必ずテレビ局の取材を取り付けています。

 まず、筆記をやる部屋へ通されます。この予選は各チームにゼッケンがあります。県と学校名によって何色かに分かれています。司会は、昨年も東京・大阪・全国で司会をしていた女性です。13時開始ということになっていますが、この時点で来ていない4チームに連絡をとっています。浦和高校はまだ秋葉原を通っているそうです。司会者が「待ってあげてもいい人」というと、ほとんど手を挙げません。「冷たいなあ。みんなマイナス1ポイント」。参加者の意見を無視するのなら最初から聞かなければいいのに。
 この後、らき☆すたに関係ある話になります。それは次回。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

いろいろチェックする話

 さっき「人生が変わる1分間の深イイ話」をやっていましたが、もっとも深かったのは、島田紳助が羽鳥アナに独立しろとたきつけて、「誰をライバルやと思ってるんや」と言ったら、「安住(紳一郎)くんの番組は全部チェックしてますね」と答えたところではないでしょうか。

 人生が変わるといえば、9月にこんな話を書いたのを覚えているでしょうか。

----(ここから)----

 教育テレビで「ことばおじさんのナットク日本語塾」という5分番組をやっているのを知っているでしょうか。
 ホームページの放送リストを見ると、「『敵』がつくのに『素敵』?」という回が、今年の7月9日に放送されただけでその後一度も放送されていません。これをずっと疑問に思っていました。
 そして昨夜、午前2時半からBS2で「爆笑オンエアバトル」の再放送をしているのに気づいて見たら、ナレーションで「キングオブコメディが活動自粛のため、9組を対象に」と言っています。活動自粛? それで調べたら、メンバーの1人が痴漢の容疑で逮捕されていたのでした。私とほぼ同時です。
 ナットク日本語塾の問題の回にはキングオブコメディが出演していたために、7月9日の直後から放送できなくなったのです。さらに調べたら、1回も放送できなかった回もあることがわかりました。そのテーマが「立派な犯罪?」。犯罪に「立派」という形容をつけるのはおかしいのではないかという話だと思いますが、自らの犯罪のために放送できなくなるとは話ができすぎです。

----(ここまで)----

 ホームページの放送リストを見ると、2008年1月というところから、キングオブコメディが出演しているはずの回が再放送予定に入っています。なぜかと思っていたら、この前の日曜日にラジオを聞いていたら、キングオブコメディの逮捕されていない方の人が出演するコーナーがあって、相方が活動再開したので近く復帰すると言っていました。だいたい逮捕から復帰するのは半年ということなのか。私自身の人生に参考になります。

 NHKの再放送といえば、昨夜、午前2時台に起きて、「熱中時間」15分版の再放送を見ました。先週水曜日に本放送がないので、どこか昔の回の再放送をやるはずです。すると、ついに私が願っていた7月下旬の回でした。本編のVTR部分は1時間版の再編集なので見ているのですが前後の収録部分に記憶がないのと、「残暑見舞いの予定」について語っていたので、間違いないでしょう。

 しかしこれって、よく考えると読者になんの価値ももたらさない文章ですね。エコノミクス甲子園関東大会はいつ書き始めるんだ。高校生クイズ中部大会って何の話をしてましたっけ。この後、また鈴木アナのおもしろい場面があるんですけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

またも正月番組

 前回、「ミネルヴァの法則」について書きましたが、その裏の「一攫千金!日本ルー列島」もビデオにとって見ました。この番組は非常に完成度が高くて、十分レギュラーでいけるのではないでしょうか。日本の県別図をルーレットの賭ける場所に見立てるというのがあんなにうまくいくとは。県民性ブームにも合致しています。先週の「クイズモンスター」で、北島三郎がいきなりレアカードを使って相手のレアカードを取るという、まったく空気を読まないことをやって実につまらない展開になりましたが、そもそも空気を読まないと成立しないルールになっているところが問題です。ルー列島にはそういうルールの穴がありません。

 フジテレビの正月番組といえば、翌日には「クイズ!ドレミファドン!!」をやっていましたが、昨年のビデオを見たら飯島愛が出ています。とても直後に引退するようには見えません。今年の番組に、昨年ブレークした人というのがたくさん出ていましたが、1年後には見なくなっているのでしょうか。

 イントロクイズといえば、昨夜の「爆笑問題のナニゲに凄~い!超人劇場」は、テレビ欄では4万曲を暗記しているイントロ超人が出るとなっています。そこで、見ました。「熱中時間」に出ていたのとは全然違う人でした。高校生クイズボタンを押しまくります。もちろん芸能人は歯が立ちません。でも初めて知ったのは、爆笑問題田中は「炎のチャレンジャー」で、イントロクイズ名人に勝ったら100万円という企画で勝ってしまって100万円獲得したことがあるそうです。ところで、この番組には高速なわとび超人というのも出てきたのですが、この人は2日前に同じ時間帯でやっていた「徳光&所の世界記録工場」に出ていたではないか。自局内でくらいかぶらないようにできないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

各局の組織の話

 正月番組でおもしろかったのが3日のテレビ東京の「ミネルヴァの法則」。数学についての番組です。そこで取り上げられる法則自体はだいたい知っている話ばかりなのですが、途中にあるゲームがありました。20個ぐらいの箱があって、中にはそれぞれ異なる額の現金が入っています。しかし最高いくらなのかはわかりません。
 出場者チームが引いた箱に10万円入っていました。ここでやめて10万円を受け取るか、受け取らずにさらに続けるか選択しなければいけません。すると伊集院光が「正月番組だから最高が10万円ってことはないよな。でもテレ東の深夜だから…」。東貴博がすかさず「テレ東のって何だよ!」と突っ込むのですが、きっと同じことを考えていたに違いありません。

 本日の昼にNHKで「クイズ アジアクロスロード」というのをやっていました。別に見る気はなかったのですが、ちょうど他に用事もなかったので、ここに書くネタがあるかと思って見ました。アジアクロスロードというのはBS1で平日の夕方にやっている情報番組です。それをなぜ総合テレビでクイズにするのかわかりません。司会は南原清隆とアジアクロスロードの女性キャスターでした。
 最終問題の前に他チームの得点を奪うクイズがあって、天野ひろゆきのチームが5点になってしまいました。このときトップは45点です。そして最後の問題のジャンルが発表されます。CGで「35点」と出ます。つまり最下位のチームが逆転する可能性はありません。天野が「これじゃあ答えても無駄じゃないですか!」と抗議します。南原が「仕方ないよ。最初からそう印刷してあるんだから」。天野「普通、クイズ番組ではこういうときに融通をきかすでしょ」。南原「それは民放の話です」。そしてスタッフに「融通をきかしますか」と言うと、「きかしません」というカンペが出たことが画面に表示されます。「さすがNHKは決めたことは変えない」。エンディングで天野が「最終問題で逆転の可能性がないクイズ番組は初めてです」。しかし先日の「カレンダークイズあぁ~思い出せない」では、上田晋也が、最後で逆転できるように思い切り恣意的に得点をいじっていました(コーナーが終わってから配点を発表するとか)。

 本日の「いつみても波瀾万丈」は、高島忠夫一家総出演でしたが、番組の最後で福留が高島に「今年、日本テレビ開局55周年なので、また、早く来い来い木曜日ってやつをやるかもしれませんので」と言っていたそうですね。そんな無責任なことを言っていいのか? それともこんなものを放送する以上、計画には上がっているということか(実現できるかどうかは別にして、プラスチックがリサイクルされていないとか関さばが偽物とかいう報道を1年追いかけるというのと同レベルで企画案が出ているのかも)。それをやるのと引き替えに、視聴率1ケタの大型クイズ番組がなくなるということは…。

 まだ書くことがあったのに、長くなりすぎたので終わり。高校生クイズとかエコノミクス甲子園の予選の話は?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月 6日 (日)

史上最大の敗者復活戦(その19)

 関西ではやっていないと書いた元日の「QUIZ!50/50」のビデオを見ました。問題が雑学で、他の番組で見たもののオンパレードでした。高校生クイズに出たのも何問もありましたし。そういえば元日の夜の「理由ある太郎」も、明らかに「トリビアの泉」のスタッフが作っていましたが、もう知ってて理由を知りたくないと思うネタばかりでした。「相武紗季が芸能界に入った理由」というのさえ、この日の毎日新聞の正月特集に出ていたし。私が毎日新聞を読んでどうする。

 それでは「史上最大の敗者復活戦」の問題の完結編です。

----(ここから)----

答182 床屋(「独裁者」は、1940年の作品。チャップリンは独裁者ヒンケルとユ
ダヤ人の床屋の二役を演じて、ヒトラーとファシズムに対する風刺を行った)
答183 釈迦(鋳物の製造工程で火力が強過ぎると不良品ができてしまうところから、
「火が強か」と、釈迦の誕生日の「四月八日」をかけて、「オシャカになる」という言葉
が生まれたといわれる)
答184 高峰譲吉(1854-1922。明治~大正期の応用化学者。他にも、アドレ
ナリンの抽出などの業績がある)
答185 ステンレス(鉄にクロムを合金させて、普通の鋼よりはるかにさびにくくした
鋼。これにニッケルを加えると、耐食性がさらによくなると同時に粘り強さも増し、いろ
いろな形に成形することも容易になるため用途が広い)
答186 17歳(ちなみにグライダーは16歳)
答187 ブロードウェイ(マンハッタンの街路は主として格子状になっているが、ブロ
ードウェイはそれを斜めに切るように走っている。五番街と並ぶ、ニューヨークの中心商
店街。タイムズスクエア付近一帯には映画館・劇場が多い)
答188 (天の)香久山
答189 ジェノバ(ジェノバのフランス語形Gênesの英語読みがジーンズになったとい
われる)
答190 石英(化学組成SiOを有する低温石英のうち、結晶面がよく発達し
ている白形結晶を水晶という)
答191 3円(これまでは1円だったが、今発売されている昭和58年分から3円とな
った)
答192 地図(1760年ごろ、イギリスのJ・スピルズベリーという地図製図師が、
ヨーロッパの地図を教えるために、国を国境ごとにバラバラにしたはめ絵式の教材を考案
した。これがパズルとして広まり、さらに19世紀にアメリカに渡って、「ジグソー・パ
ズル」の名前がつけられた)
答193 モスク(アラビア語ではマスジッドという。全世界のモスクは、メッカの方角
に向かって建てられる)
答194 七厘(物を煮るのに価七厘の炭で足りる意からという)
答195 ファウスト(天文学者・いかさま医師ヨルグまたはヨハネス・ファウストの生
涯が伝説化され、ゲーテがこれを戯曲化した)
答196 カタクチイワシ(ごまめとは、カタクチイワシの乾製品。正月などの祝賀用と
する)
答197 より強く(1914年の、近代オリンピック復興20周年式典で発表された標
語。フランスの神父ペール・ディドンがラグビー選手に対して与えた言葉を採用したもの)
答198 水銀(常温で液体である唯一の金属である)
答199 T(郵政省の前身の逓信省は、1887(明治20)年2月に、そのマークを
、アルファベットの「T」を形どったものにしたが、このことがわかったため、10日後
に急遽、カタカナの「テ」を形どった現在のマークに変更した経緯がある)
答200 太くなる(使われる毛糸が太いほど、それに合わせて、号数が大きく太いかぎ
針を使う)
答201 つぼみ(カリフラワーはキャベツの一変種だが、葉球を結ばず、中心部に白色
のつぼみが大きな偏球状にかたまって現れ、これを食用にする)
答202 大正時代(警察犬は18世紀のフランスで実用化され、その後ヨーロッパ各国
で採用された。日本では、1912(大正1)年に警視庁で採用された。正式の犯罪捜査
などに利用されるようになったのは1952(昭和27)年から)
答203 牛(牛を3つ重ね、牛が驚いて走る様を表した漢字)
答204 トキワ荘(東京都豊島区南長崎にあった。昭和28年に建てられ、間もなく手
塚治虫が入居したことで、彼に憧れる漫画家が次々と集まってきた)
答205 創世記(50章からなり、天地創造の物語に始まり、アダムとイブ、カインと
アベル、ノアの洪水、バベルの塔を経て、アブラハム・イサク・ヤコブと12人の息子、
特にヨセフの物語に至る歴史の初期のエピソードや系図の集積の体裁をとっている)
答206 セブ島(史上初の世界周航の途中、1521年4月27日、付近のマクタン島
を攻略しようとして失敗し、戦死を遂げた)

----(ここまで)----

 フランス語とか添字が入っているので、そのまま自分の文書にコピーしても正確に表示されないので注意してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

正月は小ネタがたまる

 先ほど「未来創造堂」で、渡辺久信の群馬県へのこだわりというのをやっていました。群馬県ということは当然、またしても上毛かるたが。渡辺が「私は全部言えます」と言って、やはり「ループで名高い清水トンネル」を放送していました。

 県へのこだわりといえば、「ワースト脱出大作戦」ですが、島根県の話は「リポーターは中村愛アナウンサー」と、現在の身分に一切触れませんでした。2日前に仙台放送局のアナウンサーとして番組で宮城県の宣伝をしていたではないか! 「週刊東洋経済」の住みよさランキングで最下位になった歌志内市については「札幌放送局の永井アナウンサー」と言っているのに。また「次回は3月」と明言していましたが、本当に放送できるんだろうな。

 NHKといえば、今夜の「熱中時間」は正月なので半年ぐらい前の回を再放送していました。「熱中ドキュメント」はペン回しの人を取り上げていましたが、ナレーターは杉本るみでした。そしたら、「クイズ雑学王」の音楽が使われていることがわかりました。本放送のときは気づきませんでした。なぜ熱中時間の再放送を見るかというと、7月下旬に放送した回をやってくれないかと思っているからです。

 時間といえば、「史上最大の敗者復活戦」について、7分間タイムレースは実際は7分ではなかったというコメントがついていました。それは全然知りませんでした。そういえば、エコノミクス甲子園の予選の筆記で、制限時間25分を表すタイマーは実際は26分30秒だという話を聞きました。各予選を見た人たちによると、パソコンのスペックに関係なくどこの予選でも26分30秒になっているので、アプリケーションそのものの問題だろうとのことでした。それで私も計ってみたら、確かに26分30秒でした。そういえばエコノミクス甲子園のリポートはどうなったのでしょうか。もう全国大会が始まってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

史上最大の敗者復活戦(その18)

 「平成教育委員会」を見ていたら、○×クイズの解答音楽は、「この地球が果てるまで」ですね。ということは佳苗。つまり、あの17回高校生クイズです。いかんいかん、また批判だけで1回終わってしまう。代わりに「史上最大の敗者復活戦」の続きです。

----(ここから)----

■問157~206の正解
答157 ゾウ(ゾウの妊娠期間は18~24か月で、1産1子である)
答158 大蔵省(紙幣をはじめ、国債・収入印紙・郵便切手などの有価証券類の印刷お
よび、これらの用紙の製造、ならびに官報・衆参両院の公報・白書など、政府印刷物の印
刷・発行を行う、大蔵省の付属機関)
答159 パラボラアンテナ(反射器が回転放物面の形をしている。その焦点から電波を
発射すると、反射器により電波が目的方向にだけ集中して伝搬される。また受信の場合も
、一方向からの電波がすべて焦点にあるアンテナに集中する)
答160 4月2日(民法の、年齢に関する法律では、歳をとるのは誕生日の前日という
ことになっている。このため、小学校入学の年が4月1日以前と2日以後で区切られるこ
とから、その年の4月2日から12月31日までの間に生まれることを遅生まれという)
答161 (郵便)ポスト(正式には「郵便差出箱」という。日本では、郵便制度が始ま
った1871(明治4)年に「書状集箱」の名で設けられたのが最初。当時は幕府の
目安箱から考えついたごく単純なものだった)
答162 虫の蜘蛛(「雲」は12画、「蜘蛛」は26画)
答163 イースター(復活祭)(キリストの復活を記念する祭りで、春分後の満月の後の
最初の日曜日に、キリスト教会で行われる)
答164 9時間(日本の標準時は東経135度の地点が基準なので、24時間×135
度/360度=9時間早い)
答165 小林一茶(句帖「七番日記」に、文化8(1811)年2月の作として収めら
れている)
答166 本命(馬)
答167 シナイ山(ホレブ山ともいう。シナイ半島南部山岳地帯のイェベル・ムーサあ
るいはラス・エフ・サフサフがこの地であると推定されている)
答168 虹
答169 俳優(1865年4月14日、ワシントンのフォード劇場で観劇中に、ブース
という俳優に暗殺された)
答170 200海里(1974年6~8月にベネズエラのカラカスで開かれた第3回国
連海洋法会議以後、世界の主要国は、沿岸から200海里の漁業専管水域を設けている)
答171 チン(ジャパニーズスパニエルはチンの英語名。日本特産の愛玩犬。原産地は
中国で、732(天平4)年に渡来した)
答172 ラテン語(古代ローマの言語。のちにローマ帝国によって征服された地方で公
用語、さらに日常語として用いられた。現在学術語として用いられるほか、イタリア語・
フランス語・スペイン語などの母胎となった)
答173 森繁久彌(原作は政治評論家・戸川猪佐武。戦後の保守政治の流れを実名で描
いたもの。監督・森谷司郎)
答174 くちなし(横から口出しをしないようにという意味から)
答175 奈良県(桜井市山田にある。山田寺は、7世紀中ごろから後半にかけて完成し
たといわれ、今回、その当時の建築材がそのまま埋没しているのが見つかった)
答176 ヘレニズム(ギリシア語の「ヘレニスモス」(ギリシア的にものを考え生活す
る)から転化し、アレクサンダーの東方遠征によって東方化されたギリシア文化を指して
いう)
答177 柴又帝釈天(1629(寛永6)年、日忠が草創。日蓮手刻といわれる帝釈天
をまつり、庚申の日は賑わう)
答178 屋根(片流れは、一方にだけ傾斜する屋根のつくり。切妻は、棟を界として両
方に流れをもつ形の屋根。腰折れは、上部の勾配は緩く、下部を急にした屋根。バタフラ
イは、2つの片流れの低くなった部分を合わせて、その間に谷どいを設けた屋根)
答179 1月(惑星は、太陽を1つの焦点とする楕円軌道をまわっている。地球は、1月
4日ごろいちばん太陽に近くなる。そのときの距離は1億4704万km。逆に7月5日
ごろいちばん遠くなり、距離は1億5204万km)
答180 パンドラ(ゼウスが火の神ヘパイストスに命じて粘土からつくらせた。彼女が
携えてきた箱を開けたところ、諸悪が飛び出して世界に充満し、希望のみが箱の底に残さ
れたという)
答181 法務大臣

----(ここまで)----

 ヘレニズムって、昨夜の「クイズ!ヘキサゴン2」で出ていましたね。「行列早抜けリレークイズ」は、最初はこういう問題で、後になるとバカを際立たせるだけの問題になるわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

正月のNHK

 年末年始は単発のクイズ番組が多数放送されます。特に深夜などに新ルールのクイズがあるので、チェックをするのが大変です。しかも、大阪の局だけ放送しない番組もよくあるので、実家に帰るときは要注意です。例えば元日の14時30分からTBSでやっていたクイズは放送されていません。NHKでさえ、バラエティ系の番組はたびたび大阪放送局だけ「ちりとてちん」関係に差し替えられます。まったく余計なお世話です。
 何度も書いていますが、これだけ雑学系の番組が増えると、ネタが重なりますね。今夜、NHKの「これこそ!わが町元気魂(だま)」を見ていましたが、「秘密のケンミンSHOW」とかぶりまくっていました。NHKまで秋田の超神ネイガーをスタジオに呼ぶのか。特に、私がケンミンSHOWの特番時代に初めて知った「上毛かるた」の「ループで名高い清水トンネル」を、この番組でも、朝の「いよっ!日本一」のスペシャルのクイズでも取り上げていました。こんなものが1日に2回NHKで放送されるとは。どちらも、上毛かるたの話題が出ると出演者が「『る』は何か」と聞きました。かるたで「る」のネタがあるのかという発想が同じなのです。

 朝に堀尾アナがやる番組といえば、私が注目しているのがあります。4日の「ワースト脱出大作戦」です。この番組は、昨年のゴールデンウィークに放送されました。このとき、「次回は秋にやります」と明言していたのですが、年明けまで延びました。番組の内容は、何かの統計で最下位になった地域を取り上げて改善しようというものです。「難問解決!ご近所の底力」とやっていることは同じです。
 その中で、ライブドアのアンケートの「場所がどこにあるかわからない都道府県」というのでトップになった島根県についてやっていました。コーナーのBGMがずっと「大改造!劇的ビフォーアフター」でしたが、専門家は、島根には何の特徴もないというようなことを言っていました。次回の番組で島根の取り組みの成果を放送することになっているはずなのですが、第1回の放送直後に石見銀山が世界遺産に登録されて劇的に状況が変わってしまったので、第2回の放送が延期されたのではないかと思っています。あと、コメンテーターの林家木久蔵(島根の旧美都町にアトリエを持っている)が放送直後に木久扇になるし。それは関係ないか。そして、島根の応援団長などと称していた松江放送局の中村アナウンサーが、放送直後に仙台に転勤になりました(「元気魂」では仙台放送局のアナウンサーとして宮城の宣伝をしていた)。どうも第2回でも中村アナがそのまま出るようですが、どの面下げて登場するのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年1月 2日 (水)

年末年始の番組

 12月18日に「クイズ紅白検定」という番組をやっていて、今回の紅白歌合戦の結果発表はある物の色が変わるが、それが何であるかは当日の番組を見ないとわからないと言っていました。私は、どうせ東京タワーだろうと思っていたら、その通りでした。ところで、結果発表で東京タワーの色が変わった直後に「年越し雑学王」で東京タワーを映しましたが、あれは何かを狙っていたのだろうか。

 年越し雑学王は23時30分からでしたが、「1億分の1の男」が終わる23時45分まで出演者を画面に出さないようにしていました。爆笑問題をはじめ、解答者にも重なっている人がいましたからね。1億分の1の男といえば、5人で5つの物からどれかを選んで書いて、全員が違うものを書けば賞金獲得というゲームがありましたが、これって「ガキの使いやあらへんで!!」の「ゴレンジャイ」ゲームと同じですね。ということで、結局裏番組の企画なのでした。ところで、「テレビ局の名前 NHK 日本テレビ TBS フジテレビ テレビ朝日」という問題で、5人のうち4人が「テレビ朝日」と書きました。私も、自分ならテレビ朝日と書くと思いました。これって逆に、人々の意識の中でのテレビ朝日の影の薄さを表しているわけでおもしろい(他の人が書かないと思うものを書くわけだから)。でも、そもそも「民放の名前」にして「テレビ東京」を選択肢に入れるべきではないでしょうか。

 紅白から始まって、この正月のNHKは、さだまさしが出まくりますが、夕方の「元日テレビ 今年は見せますNHK」という番組を見ていたら、タカアンドトシの想い出のNHK番組として、「どんなモンダイQテレビ」を取り上げていました。おー、中村克洋アナウンサーが! 死んだ志賀真理子が! NHKのこういうアーカイブでどんQを取り上げるのは初めて見ました。もう1本、「わたしたちのくらし」(小学4年社会科)の「クラさん」にも感動しましたが。これがもう少し世代が下がると「たんけんぼくのまち」のチョーさんになるわけですね。
 ところで、「できるかな」ののっぽさんが引退して後を継いだワクワクさんは、そろそろのっぽさんに匹敵するぐらいの年数をやっているのに、全然話題になりませんね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年1月 1日 (火)

史上最大の敗者復活戦(その17)

 日本テレビが「26時間ちょっとテレビ」という編成にしたのは失敗ではないでしょうか。テレビ欄を見ても「シャル・ウィ・ダンス?」だとか「絶対に笑ってはいけない病院」だとかいうのが目に入りません。これでは見る前から視聴者を失っているようなものです。それにしてもこの枠で高校生クイズが放送されていた時代があるとは。でも考えてみたら、高校生クイズをこの枠に移せば、視聴率1ケタでもそれほど気にならないかな。

 それでは新年企画として、非常に久しぶりの「史上最大の敗者復活戦」の問題です。すべて1982年当時のデータです。

----(ここから)----

成田

●成田空港・7分間タイムレ-ス
問157 人間の妊娠期間は平均10か月。では妊娠期間が一番長い哺乳類は何?
問158 パスポートを印刷するのは、何省の印刷局?
問159 テレビ中継などに使う、マイクロウェーブ用におわん型をしたアンテナを何という?
問160 「早生まれ」は1月1日から。では「遅生まれ」は何月何日から?
問161 明治の初め、「書状集め箱」としてスタートしたものは?
問162 空に浮かぶ「くも」と虫の「くも」、漢字で書いて画数が多いのはどっち?
問163 卵の殻に色とりどりの絵を描いてお祭りをする、キリスト教の行事を何という?
問164 日本の標準時は、グリニッジ標準時より何時間早い?
問165 「春風や牛に引かれて善光寺」とうたった、江戸時代の俳人は誰?
問166 競馬で、二番手の馬を「対抗馬」といいますが、では一番手の馬は?
問167 聖書の中で、モーゼが神から十戒を授かった山はどこ?
問168 その美しさのため、「美人」という別名を持つ気象現象は?
問169 16代大統領リンカーンを狙撃した犯人の職業は?
問170 わが国の漁業水域は何海里?
問171 犬の種類で、「ジャパニーズ・スパニエル」といえば、どんな犬のこと?
問172 古代ローマ帝国の標準語といったら何?
問173 映画「小説吉田学校」で、吉田茂を演じる俳優は誰?
問174 将棋盤の足は、ある花を形どっていますが、その花とは?
問175 世界最古の木造建築物、山田寺跡が出土した県はどこ?
問176 ギリシアとオリエントが溶け合った文化を何という?
問177 東京・葛飾区にあり、正式名を「題経寺」というお寺の通称は何?
問178 「片流れ」「切妻」「腰折れ」「バタフライ」といったら何の名称?
問179 太陽と地球との距離が最も短くなるのは何月?
問180 聖書では人類最初の女性はイブ。では、ギリシア神話の人類最初の女性は?
問181 新しい内閣ができたとき、新聞に発表される大臣の順番は、最初が総理大臣ですが、
その次は?
問182 映画「独裁者」でチャップリンが演じた二役は、独裁者と何?
問183 だめになることの例えに使われる歴史上の人物で、仏教を始めた人は誰?
問184 タカジアスターゼを発見した日本の科学者は誰?
問185 「さびない」という意味で、クロム・ニッケルを含む合金は何?
問186 普通車のライセンスがとれるのは18歳から。では、ヘリコプターのライセンスが
とれるのは何歳から?
問187 ニューヨークのマンハッタンを南から北へ斜めに走っている通りの名前は?
問188 万葉の歌によく登場する大和三山。耳成・畝傍、あと1つは何?
問189 ジーンズの語源にもなった、イタリアの都市は?
問190 水晶は、何という鉱物が結晶したもの?
問191 45円のお年玉つき年賀はがきに含まれている寄付金はいくら?
問192 ジグソーパズルはもともと教材ですが、何を切り刻んだもの?
問193 イスラム教の寺院や礼拝堂を何と呼ぶ?
問194 サンマなどを焼く家庭用品で、金額がそのまま呼び名になっているのは何?
問195 ゲーテの名作でもおなじみ、15・6世紀ドイツに実在したといわれる魔術師は?
問196 ことわざ「ごまめの歯ぎしり」の「ごまめ」とは何という魚?
問197 オリンピックの標語。「より速く、より高く」、あと1つは?
問198 私たちの身近にあって、姿・形から「液体金属」と呼ばれるものは?
問199 万国共通の郵便料金不足マークとなっているアルファベット1文字といえば何?
問200 毛糸用のかぎ針、号数が増すほど太くなる・細くなる、どっち?
問201 ジャガイモの食べる部分は茎。では、カリフラワーで食べるのはどこの部分?
問202 日本の警察で警察犬を使うようになったのは何時代から?
問203 「かしましい」という漢字は女が3つ。では「ひしめく」という漢字は何が3つ?
問204 手塚治虫・藤子不二雄ら多くの漫画家が青春時代を過ごし、今年とり壊されたアパ
ートは?
問205 新約聖書の最後の書は「黙示録」。では旧約聖書の最初の書は?
問206 キャプテン・クックが死んだのはハワイ。ではマゼランが死んだのは何島?

----(ここまで)----

 印刷局は○○省にあったんですね。寄付金付き年賀はがきは45円だったんですね。「小説吉田学校」が映画になったんですね。○○○荘がまだあったんですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »