« エコノミクス甲子園熊本大会(その3) | トップページ | エコノミクス甲子園熊本大会(その4) »

2007年12月12日 (水)

27回中部大会(その4)

 熊本で、auのチラシを配っていました。「auにアタックチャンス!」というキャンペーンを九州限定でやっています。auの店で体験すると、LISMO!グッズがもらえるそうです。キャラクターは当然、博多華丸・大吉です。

 それではたまには高校生クイズ中部大会です。金山アナと我妻アナが敗者復活戦をします。1問目はフィギュアスケートのジャンプについての問題です。問題は難しいですが、なぜか一番多い答えが正解というのが続きます。唯一そうでなかったのが「ハンカチ王子と同じ誕生日の国王がいる国は?」です。そんなの問題にしておもしろいか? 7問目で3チームになりました。そして8問目の「現在、日本にジャイアントパンダは何頭?」で、1チームずつに分かれました。勝ったのはやはり参加者の多い愛知のチームでした。

 準決勝は、敗者復活のいる愛知からです。この地区では、正解して舞台の下に並ぶ人のところにマイクが設置されています。1問目は漢字で6チーム正解、2問目は地図記号で7チーム正解で、女子3チームがいずれも大将になります。3問目も7チーム正解。これで同一校の女子2チームが勝ち抜けました。残りのチームはすべて2ポイントです。
 4問目はまた出た、「KATTUN+レミオロメンは何人?」です。これで5チームによる同点決勝になります。この後、全員正解が続いて決着がつきません。しかし同点決勝の4問目、「裁判所の地図記号」で一気に1チームが決まりました。それは敗者復活チームです。ちなみにこのチームは先ほどの「警察署の地図記号」では間違えた2チームのうちの一つです。

 次の長野は逆転があります。それは次回。

|

« エコノミクス甲子園熊本大会(その3) | トップページ | エコノミクス甲子園熊本大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17344300

この記事へのトラックバック一覧です: 27回中部大会(その4):

« エコノミクス甲子園熊本大会(その3) | トップページ | エコノミクス甲子園熊本大会(その4) »