« 日本人の質問(その32) | トップページ | 27回中部大会(その2) »

2007年12月 6日 (木)

27回中部大会(その1)

 「熱中時間」15分版、今週は発動機の人です。別に発動機マニアが1人いても驚かないのですが、おもしろいのは、何十人もの人が発動機を持ち寄って集まる会が催されていることです。高校生クイズに関しても、各地の予選を見て回る人がこれだけ大量発生するとは想像もつかなかったでしょうね。

 それでは7月29日の中部大会です。実に9年ぶりの、参議院選挙当日の予選です。おそらく27時間テレビのためにオリエンタルラジオは来ません。さらにred balloonも来ません。どちらも来ないというのは全13地区の中でここだけのはずです。これだけ人口の多い地区なのに、最も冷遇されています。
 会場は今年も庄内緑地公園です。ここは9回を最後に長く使われていませんでしたが、23回で復活して以降、ずっとこの場所です。さらに、22回以降、中部は移動がないというのが定着しました。

 ここであいさつをするライオンの人は、西日本営業部東海チェーン統括です。どうも、昨年と肩書が変わっている地区が多くあります。そして鈴木アナはパワーと叫んだ後、「どんだけー」。彼の中での今年の流行語です。「みそかつ、カツが見えなくなるほどたっぷりとみそをつけるラルフ鈴木です」。
 第1問は、一昨年多用された、有名人が出題するというパターンです。会場では声だけ流れて、映像は放送でしか見られません。もはや、誰に関する問題かは最初から予想がついています。それについては次回。

|

« 日本人の質問(その32) | トップページ | 27回中部大会(その2) »

コメント

「どんだけー」も連発してましたが、個人的には○×クイズのタイムアップ後の「はいそれまでよ、と」の方も気になりました。

今年は全地区予選をネット配信したんだから、もう少しアナウンサーらしくボキャブラリー豊富なところを見せて欲しかったですね。

投稿: C-YAN | 2007年12月 7日 (金) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17285460

この記事へのトラックバック一覧です: 27回中部大会(その1):

« 日本人の質問(その32) | トップページ | 27回中部大会(その2) »