« 幻の抗議 | トップページ | 文章は大変 »

2007年12月23日 (日)

エコノミクス甲子園沖縄大会(その1)

 今夜、日本テレビで「番組対抗ニュース検定2007」という番組をやっていましたね。最後の問題は、ブッシュ大統領の数々のバカな発言を紹介するものでしたが、それをコントで表現するのに、わざわざウルトラクイズの解答席を用意していました。決勝でブッシュと思われる人物と金正日と思われる人物が対戦しているという設定で、過去に実際にあったブッシュへの質問とその回答(例えば「ネルソン・マンデラは」「死んだ」)を、本物のウルトラハットを使って答えています。問題は矢島アナが出していました。

 それでは新たなエコノミクス甲子園です。熊本大会が終わってバスで福岡に向かいます。そして飛行機で帰る…のではなく、向かった先は沖縄です。12月9日には沖縄大会がありました。10地区の予選の中で、この沖縄大会だけが、同じ日に別の予選がないので、クイズマニアが集結するという説もあります。

 会場の沖縄銀行本店へ、裏口から入ります。一緒に入るのは労働組合の人たちです。この大会が行われることを知らずに驚いている社員もいます。
 10時半に沖縄テレビの取材クルーが入ってきました。続いて高校生が続々と入ってきます。この地区は30チーム近く応募しています。沖縄で予選をやって参加者が集まるのかと思ったのですが、関西や関東よりはるかに多い。一方、観客は予想に反してほとんどいませんでした。

 11時に始まります。最初に金融知力普及協会の上席研究員があいさつしますが、その内容は、坂出の殺害事件は金銭トラブルが原因というものです。だからそうならないように金融知力を身につけなければいけないというのですが、あいさつでこんな話題を取り上げるクイズ大会があるか!

|

« 幻の抗議 | トップページ | 文章は大変 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17446991

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園沖縄大会(その1):

« 幻の抗議 | トップページ | 文章は大変 »