« 27回中部大会(その5) | トップページ | エコの前にエコ »

2007年12月15日 (土)

エコノミクス甲子園熊本大会(その5)

 今夜と明晩、BS2で「BS熱中夜話」という番組をやっています。明らかに「BSマンガ夜話」と「熱中時間」を合体した企画です。マニアを扱う番組が続々と作られています。それにしても、その直前の「未来創造堂」に続いてマニア代表として出演している豊岡真澄。

 それではエコノミクス甲子園熊本大会です。筆記の後は昼食です。中学生は、女子がキャンディーを配って回っていて、完全に遠足状態です。
 ここでNPOの代表が、ルール変更を決めます。5チームしかいないので、筆記の1位は決勝にシードで、2~5位で準決勝をやります。準決勝は2チーム勝ち抜けで決勝を3チームでやることになります。私の予想していた通りです。

 第3会議室で筆記の採点をしています。前回はScanSnapというスキャナー(今、ルー大柴をキャラクターに広告していますね)を使って自動採点するシステムでしたが、今回は手作業です。正解の穴の開いたプレートを使っています。地区によっては30チーム以上応募しているところもありますが、作業が間に合うでしょうか。
 私は早押しの準備をします。熊本のご当地問題が用意されていることを知りました。今回はそこまでやるのか。3問ごとぐらいに交ぜます。それにしても、問題を眺めていると、難しすぎないか? 準決勝は40問、決勝は30問用意してありますが、全然答えられなくて問題が足りなくなるのではないか。

 第1会議室の使用期限が迫っています。全員で第3会議室に移って筆記の結果発表です。1位はラ・サールなのか。それは次回。

|

« 27回中部大会(その5) | トップページ | エコの前にエコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17370287

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園熊本大会(その5):

« 27回中部大会(その5) | トップページ | エコの前にエコ »