« 27回中部大会(その2) | トップページ | エコノミクス甲子園熊本大会(その1) »

2007年12月 8日 (土)

27回中部大会(その3)

 先週の「ザ・クイズマンショー」のテレビ欄のフレーズは、「木下優樹菜が優勝」でした。本来ならクイズ番組として一番隠しておきたいことを取り上げるのか。確かにテーマよりもこの事実の方が希少性はあるでしょう。現在のバラエティ番組が、頭の悪いことを売り物にするタレントによって支えられていることをよく表しています。だからクイズ研ばかり勝ち残る某クイズは視聴率が取れないのか。

 それでは某クイズの中部大会です。4問目から走りクイズになります。なかなかいい問題で、非常に単純な知識なのに言われてみるとわからないというものです。○×でこういうのを出せるのが理想でしょう。5問目は一転して「ドイツ音楽の三大B」という書き出しです。一般の高校生はこの言葉を知っているのだろうか。いかにもクイズマニア寄りになってしまいます。

 4問目で三重と岐阜も決定チームが出ました。6問目は新聞の経済面のような、高校生クイズらしくない問題です。そして7問目も著作権に関する堅い問題。正解が2チームしかいません。これは私も知りませんでした。これで愛知も最初の決定チームが出ました。
 8問目で愛知以外がすべて終了します。この後も、登録商標とか、医師免許の更新とか、堅い感じの問題があって、全体にいい問題が並んでいます。他の地区でもっと前の方で出せるのではないか。愛知だけのために13問目までかかりました。

 この後、敗者復活戦もスケートからです。

|

« 27回中部大会(その2) | トップページ | エコノミクス甲子園熊本大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17297496

この記事へのトラックバック一覧です: 27回中部大会(その3):

« 27回中部大会(その2) | トップページ | エコノミクス甲子園熊本大会(その1) »