« エコノミクス甲子園沖縄大会(その2) | トップページ | エコノミクス甲子園沖縄大会(その3) »

2007年12月27日 (木)

バカ呼ばわり

 エコノミクス甲子園ですけど、今度は沖縄の代表からコメントがついていました。全国大会は当ブログを通じた知り合い同士の戦い? それにしても、高校生クイズ熱中人でちょこちょこ見ていたが今初めてエコノミクス甲子園の記述に気づいたということは、かなり長期間読んでいないということですね。

 JR東海は自力で中央新幹線を造るそうですが、高校生クイズでは8回の中部大会で次のようなYES-NOクイズが出ています。

 最高時速500キロを目指してJR東海が開発中の夢の超特急・リニアモーターカーは、なんと、客室座席にシートベルトが取り付けられている。

 各県20チームが残っていて、YESならJR、NOなら近鉄で名古屋から桑名に向かうというものです。バブルの時代だからできたルールで、今では考えられません。しかしなぜかこの問題は高校生クイズの本に載っていません。

 昨夜NHKで「カレンダークイズあぁー思い出せない」という番組をやっていました。夏にもやっていて2回目ですが、読売テレビが単発でやる「クイズここまで出てるのに」にあまりに似ています。今回、各コーナーごとのタイトル表示が、「芸能界の厳しさ教えますスペシャル」に非常に似ていました。字のセンスがNHK的ではなくて、本当に読売テレビの関係者がスタッフにいるのではないかと思ったくらいです。今年のニュースからの問題で、悲惨な事故から出題したり、NHKに出そうにないタレントの問題が次々出たりと、NHKらしくありません。特に、つるの剛士や永井大を出してバカ解答に期待するというのは最もNHKらしくありません。つるのによると、今年は仕事のほとんどがクイズ番組だったそうです。司会者が特定の出演者のことをあれだけバカと連呼するというのは、NHK史上初ではないでしょうか。30日に再放送される予定ですが、抗議が多くて放送をやめたということにならないだろうな。

|

« エコノミクス甲子園沖縄大会(その2) | トップページ | エコノミクス甲子園沖縄大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17488611

この記事へのトラックバック一覧です: バカ呼ばわり:

« エコノミクス甲子園沖縄大会(その2) | トップページ | エコノミクス甲子園沖縄大会(その3) »