« 文章は大変 | トップページ | エコノミクス甲子園沖縄大会(その2) »

2007年12月25日 (火)

高校生の大会

 ロケーションフリーで大阪のテレビ番組を見ていたら、愛川ゆず季の変なCMがありました。このCM自体は関西でしか流れないようですが、CMで紹介されているものは全国に関係あります。冬の牛乳甲子園というのがあるんですね。今年の夏には第1回として夏の牛乳甲子園があったということを知りました。社団法人中央酪農会議の主催です。毎日、ネットで問題が出て、携帯電話で答えるようです。そして1カ月間の総合得点で争います。でも参加は3人1組です。こういう法人がクイズ大会をやるのははやりか。しかしエコノミクス甲子園と違って、クイズをやるためにどこかに行けたりしません。

 クイズの紹介といえば、書く機会を逃していましたが、16日にBS1の「ネクスト 世界の人気番組」で、韓国の高校生が出るクイズを紹介するというのがテレビ欄に出ていました。もしかしたら高校生クイズに出てきたあの番組かと思ってビデオにとったのですが、違いました。毎回、ある高校に行って、生徒100人がクイズに挑戦します。50問正解できれば「ゴールデンベル」という栄誉を受けられるのです。放送時点で、過去63人しか達成していないと言っていました。この回で新たな達成者が出たのですが、最後の問題の正解が「ジッグラト」です。私はまったく知らない言葉でしたが、日本でもクイズ王決定戦レベルだと出そうな気がします。この企画は日本でも、教育テレビで小学生に対して何度か行われたことがあります。

 NHKといえば、この年末は紅白歌合戦以上に高専ロボコンをあおりまくっています。地区大会の番組が深夜に全部放送されたのはいうまでもなく、連日、10分の宣伝番組をやっていて、同じものを繰り返し放送しているのかと思っていたら、内容が違いました。しかも本編の出演者がそのままやっていて、ナレーターがわざわざ坂上みきです。さらに1時間の事前番組も本編の出演者がやっていて、驚いたことに、メインの番組の本放送の後にも、ロボコン20年の総集編番組が教育テレビで3時間も放送されます。同じように高校生のやる全国大会の番組が、あれだけあおっても非常に低い視聴率しか取れなかったことと関係ある? そういえば、エコノミクス甲子園のリポートで高専ロボコンに関係ある話が出てくるのですが、そこに触れるのはかなり先になりそうです。

|

« 文章は大変 | トップページ | エコノミクス甲子園沖縄大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17470008

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生の大会:

» “理系甲子園”は青春ドラマだ [本ナビ!by Tamecom,高校生の大会]
 サツ回りをしていた5年前の支局時代、おまわりさんと雑談をしていたら、「最近連絡をとっていないけど、NHKを見ていたら、大学生のセガレが『ロボコン』に出ていたんだよ」という自慢を聞かされたことがある。  高専生や大学生が手作りのロボットを競い合うNHKなど主催のロボットコンテスト(通称・ロボコン)に出場するのは、高校球児が甲子園に出るくらいに大変なことなのだ。  2003年には、長澤ま ... [続きを読む]

受信: 2007年12月25日 (火) 21時28分

« 文章は大変 | トップページ | エコノミクス甲子園沖縄大会(その2) »