« 民放ボロ負け | トップページ | 27回関東大会(その8) »

2007年11月 3日 (土)

ネットのニセ情報

 先ほど、金曜ロードショーで「ALWAYS三丁目の夕日」をやっていましたが、劇場公開のときに書いた通り、この映画は札幌テレビ、ミヤギテレビ、中京テレビ、読売テレビ、広島テレビ、福岡放送が制作にかかわっています。まさに高校生クイズで培われた協力関係。「続」もそうなっているのだろうか。

 かなり前に、「TVクイズ大研究」をヤフーオークションで落札したら、某クイズ作家から「落札おめでとうございます」というメールが届いたことを書きました。黙っていましたが、このたび、「アタック25」の本が出品されていました。これが出たのは昨年の8月以来です。激しい競争が繰り広げられましたが、最後に私が入札してから誰も入札せず、私が落札しました。そしたら予想通り、同じ人からメールが来ました。やはり私の名前が推定できるIDを観察していたのです。

 

 こういう本を読みました。私は知りませんでしたが、「朝まで生テレビ」での福島瑞穂の発言として、まったくデマの文章(警察官の拳銃使用には絶対反対で、警察官は犯人に殺されてもいいというようなことを言っている)がネット上で数年間にわたって広まっていたそうです。これが社民党を攻撃するのに使われ続けたということですが、筆者が調べて、さらにテレビ朝日と福島事務所にも問い合わせたところ、そのような番組はまったく存在しないようです。筆者がこれをネット上で発表したところ、「自分は生で見た」「ネット上で動画を見た」という書き込みであふれたそうです。ところがその証拠となるものは出てこず、ある時期の放送で確実に言っていないということが証明されると、目撃情報が他の時期に集中するという露骨な動きが観測されたそうです。
 これは意図的にニセ情報を書いているというのではなく、「集団の意思」がそのように動くという現象が起きるのがネット社会だということだと思いますが、これで何を思いだしたかというと、先日書いた、私の書いた文章がウィキペディアで削除されたことです。「100万円クイズハンター」では、番組開始以来、東大生は一度も優勝したことがないと司会者が繰り返していて、実際に東大生が出場すると、「おまえはこんなことも知らないのか、バカ」とか「こいつの応援団は映さなくていい」など、テレビ番組で一般人を相手にしているとは思えない露骨ないじめをあの柳生博が繰り広げるということです。これは「独自調査」でもなんでもなく、実際に番組の歴史で何回でもそういう場面が放送されているのですから、ウィキペディアに書く内容としては問題ありません。しかしこれを、クイズハンターを見たことのない人にとっては、上の福島瑞穂のデマと同じようにとらえられているのではないか。これも上と同様、テレビ朝日に問い合わせれば事実がわかることですが。ここまで書いて、これが私の妄想だったら怖い。

|

« 民放ボロ負け | トップページ | 27回関東大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/16957202

この記事へのトラックバック一覧です: ネットのニセ情報:

» ヤフーオークション落札品 [京都日記~独り言~]
先週半ばにヤフーオークションに出品した、40年以上前のカメラが昨日、終了しました。入札は1件でしたが、今後も大事に使っていただきたいという思いで、出品価格は若干高めに設定。このカメラは、父が愛用していたものですが、最近は使い捨てカメラの性能も良くなり、デジタルカメラが普及したこともあって、全く使わなくなりましたので、出品することに。なんとか落札していただけてよかったです。これから、落札者様と連絡を取り、梱包作業をしたいと思います。まだ、収納庫には使わなくなった物がたくさん眠っ...... [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 10時42分

« 民放ボロ負け | トップページ | 27回関東大会(その8) »