« ガッツポーズ | トップページ | 27回南九州大会(その4) »

2007年11月12日 (月)

27回南九州大会(その3)

 前回のガッツポーズで書くのを忘れていたことがありました。少し前に「解体新ショー」でガッツポーズについてやったときも、まずガッツ石松の写真を見せて、それより前にガッツボウルという雑誌に載っているということを紹介していました。最近どこの局も雑学だらけで、同じネタがかぶりまくりです。関係ありませんが、「お茶の間の真実 もしかして私だけ!?」で、田丸麻紀がボタンを押すことのマニアで、特にバスの降車ボタンに異様な興味を示していることが取り上げられたときに、予想通り、「熱中時間」に出たバス降車ボタン熱中人の取材VTRが挿入されていました。

 それでは南九州大会です。○×クイズの2問目を前に、通過チーム数が発表されます。「準決勝に駒を進めることができるのは各県10チーム」。なに! この予選だけ準決勝のルールが違うということか? すると即座に鈴木アナが「今年はさらに厳しくなって8チーム」と続けます。単に、前の関東が10チームだったから言い間違えただけか。ついさっき正解が×なのを○と言ったのに続いて、この時点でもう体力的な限界がきているのでしょうか。まあ、この1カ月でおそらく1日しか休みがなかったわけですし。
 動物に関する問題です。全体的には正解の方が多いようですが、ここで鹿児島2チーム、宮崎3チームが一気に決まります。そして鹿児島の2チームの中にはラ・サールの前回準優勝チームが! どうやら、後で入った情報によると、この問題は知識で答えられたので、とにかく他のチームについてこられないようにするために、仮面で顔を隠して、わざと鹿児島県ではないチームのエリアにまぎれて、さらに制限時間ギリギリで正解のエリアに移るということをしたらしい。なお、鹿児島のもう1チームもラ・サールでした。

 4問目から走りクイズになります。昔からある雑学で、高校生クイズではまだ出ていなかったのかという問題です。私は高校時代に自分でこの問題を作ったことがあります。次の5問目で熊本も決定チームが出ました。熊本は6問目で合計8チーム決まって、終わるのは最も早かった。この時点で宮崎4チームと鹿児島5チームがいて、残り枠は2ずつです。
 ここから少しずつ落ちていきます。9問目は鹿児島の全チームが×、宮崎の全チームが○へ。この予選もだらだらと問題数を使うのか。それは次回。

|

« ガッツポーズ | トップページ | 27回南九州大会(その4) »

コメント

オンエアで確認すると、出題直後「○に行く」とリーダーがつぶやいているのが分かります。策士ですね。

投稿: C-YAN | 2007年11月12日 (月) 00時48分

1問目の時には○から×へ、2問目の時は熊本のエリアで×から○へ移動したらしいです。ラサールは問題毎に衣装を変えていたようですし。

あと、2問目は不正解の方が圧倒的に多かったみたいです。

熊本だけ多いのは、最後に着いて来たのがいたみたいです。

ラサールほどに逃げるのに必死になるのはどうなのかとも思いますが。

投稿: | 2007年11月12日 (月) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17048130

この記事へのトラックバック一覧です: 27回南九州大会(その3):

« ガッツポーズ | トップページ | 27回南九州大会(その4) »