« 27回南九州大会(その9) | トップページ | 日本人の質問(その31) »

2007年11月20日 (火)

27回南九州大会(その10)

 エコノミクス甲子園の関西大会についてこのブログに書いたら、何チームか応募があったそうです。そんなに影響力があるのか。もう一度書いておきますと、関西大会は午後2時からになったので、どんどん出てくださいね。なお、うわさでは、関東大会にはクイズ研がたくさん応募しているらしい。

 それでは高校生クイズの南九州大会です。熊本の決勝、1問目は阿蘇山の問題です。1問目、2問目、3問目をそれぞれ別のチームが取ります。当然、次の問題で王手が出ます。その次の問題で別のチームも2ポイントに。非常にいい展開です。ところが、ここから3問続けて誤答が出ます。最後にかったのは女子チームでした。

 最後は宮崎です。1問目は東国春知事の問題です。ここも3チームとも1ポイントずつになります。正解した人が抜けるというルールの完成度が高いことを表しています。このルールは8回か9回ぐらいまで存在しませんでした。最後は2問連取で決まりました。昨年決勝で負けたチームは今年も決勝で敗れました。

 さて、スーパーオリラジチャンスです。オリラジが沖縄で録音したものによって発表されます(実際は映像もあるが、現場では音声しか流れない。これは第1問を有名人が出すような場合も同じ)。先ほど、熊本城の中でペーパークイズをやりました。全国大会に行けなかった6チームの中で成績トップのチームが復活できます。そして選ばれたのは、ラ・サールをあと一歩まで追いつめた鳳凰でした。これは全国大会でリベンジできるか興味あります。最終的に番組がどう編集されたか知っていて書くのはバカバカしいですが。こういうネタを全国放送で使わずにラ・サールをひたすら映し続けるんだもんな。

|

« 27回南九州大会(その9) | トップページ | 日本人の質問(その31) »

コメント

5回のときには正解したヒトが勝ち抜ける方式ありましたよね

投稿: 猿 | 2007年11月20日 (火) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17125725

この記事へのトラックバック一覧です: 27回南九州大会(その10):

» 全教研 [全教研]
全教研(福岡)の評判 [続きを読む]

受信: 2007年11月22日 (木) 15時22分

« 27回南九州大会(その9) | トップページ | 日本人の質問(その31) »