« 27回南九州大会(その1) | トップページ | ガッツポーズ »

2007年11月10日 (土)

27回南九州大会(その2)

 三遊亭円楽に文化勲章が贈られましたが、これで思い出したのが、今年の中部大会の決勝です。川越が「円楽」と答えてから、正解の音が鳴るまでに異常に時間がありました。あれは「円楽」だけで正解と認めるか、非常に迷ったんでしょうね。円楽で他に該当する人物はいないが、普通はフルネームでしか言いません。もしかすると、川越が勝つと番組的においしいとも考えたかもしれません。

 それでは南九州大会です。鈴木アナが「これまで4つの地区大会」。おいおい、いきなり間違えてるぞ。この時点では本人が行っていない予選もないのに。そして第1問が出ます。雑学的に有名な問題ですから、ラ・サールの昨年準優勝チームは楽勝ではないでしょうか。私は、水戸黄門が「天下の副将軍」と言って印籠を出した相手が天下の将軍だったらどうするのだろうと思ったことがあります。
 「正解は、これだーっ! と、その前にですね」。正解発表は「ラルフシューター2007」。要するに最もオーソドックスな、紙テープが飛ぶやつです。ここで○と×から1チームずつ呼んで、スイッチを押させます。そして、今度こそ正解が出ます。×のテープが吹き出します。すると鈴木アナ、「正解は○だーっ! と思ったら×ですよー」。司会者がこんな言い間違いをするのは番組史上初だと思います。この部分だけが動画サイトに投稿されていましたね。

 ここで上野アナが登場して敗者復活を要求します。熊本のみやげをいろいろ出します。そこで、○×クイズに正解すれば敗者復活戦をやることになります。問題は熊本城に関するもので、当然正解します。情報がはっきりしませんが、ここで「頼むよカメヨ」と言った? 見に来ている高校生クイズマニアに向けたとしか思えない発言です。

 この後、またも大きな言い間違いを。それは次回。

|

« 27回南九州大会(その1) | トップページ | ガッツポーズ »

コメント

ここでははじめましてですね。各地でお世話になりました山形の石井です。

「頼むよカメヨ」は9問目の月食の問題で、宮崎が全チーム○、鹿児島が全チーム×に分かれてしまったため、問題が実質無効になったのを受けて言いました。

また司会が正解と違う答えを言ってしまったのは、17回中部で司会をした板谷アナ(当時)の例があったような記憶があります。

投稿: 石井 | 2007年11月12日 (月) 02時06分

17回中部の板谷アナは、正解発表前に「人数の多いYES(逆かも)、自信はあるか?」と反対のことを2回続けて間違えて言って、ブーイングの嵐に遭ったのだったと思います。現場にいました。

投稿: C-YAN | 2007年11月13日 (火) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17029999

この記事へのトラックバック一覧です: 27回南九州大会(その2):

« 27回南九州大会(その1) | トップページ | ガッツポーズ »