« ネットのニセ情報 | トップページ | 27回関東大会(その9) »

2007年11月 4日 (日)

27回関東大会(その8)

 先週の「ブロードキャスター」では、松井稼頭央関連のVTRでバックにずっとウルトラクイズの曲がかかっていました。ところで、沖縄大会前日のブロードキャスターのビデオを今ごろ見たら、ビリーズブートキャンプというものがあると紹介していました。そういう時期だったんですね。毎日の運動の最後で「ビクトリー!」と叫んでいることを知りました。上重フレーズはここから取ったのだろうか。なお、福澤がファイアーというフレーズを決めるときに、ビクトリーは候補に挙がってボツになったと著書に書いてありました。

 それでは、多くの人の協力で書くことができている関東大会です。○×クイズで各県10チームが決まって、次は例によってペーパークイズです。司会台の前の2塁ベース付近に並んで、外野へ走っていってペーパークイズをやるのは通常のパターンです。30分で100問。最近は他の地区の予選も実力重視になっていますが、関東は特にクイズ研向きの形式です。浦和が何度も勝ち残るのも当然か。
 さて、結果発表です。鈴木アナが「うれしなつかしブーブーゲート」と言います。このゲート、全部で7チーム分あります。7都県の10チームがあらかじめ縦に並んでいて、横1列が一斉にゲートに載ります。各列は7チームとも合格か7チームとも不合格かのどちらかです。福澤時代中期のペーパークイズではよくあった合格発表ですが、久しぶりです。考えてみると、関東のペーパーの結果発表でブーブーゲートが出てくることも珍しい(通常は勝ったチーム名を言うだけ)。
 ここを通過できるのは各県5チームです。当然ながら、合格と不合格が決まったチーム数は常に同数か差が1になるように並べられています。9チーム目は不合格で自動的に10チーム目が合格になりました。

 浦和は4チームも決勝に残りました。3連覇に向けてまた代表になるのでしょうか。ここは知らないことにしてください。

|

« ネットのニセ情報 | トップページ | 27回関東大会(その9) »

コメント

埼玉は決勝5チーム中4チームが浦和ですよ

投稿: | 2007年11月 4日 (日) 01時59分

残りの1チームが早稲田本庄でしたね。

投稿: | 2007年11月 4日 (日) 02時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/16967490

この記事へのトラックバック一覧です: 27回関東大会(その8):

« ネットのニセ情報 | トップページ | 27回関東大会(その9) »