« 27回富士山大会(その7) | トップページ | 27回富士山大会(その9) »

2007年10月10日 (水)

27回富士山大会(その8)

 日本テレビでは午後3時台に、夜のオリラジ経済白書スペシャルの事前番組をやっていました。過去の問題と夜の問題の予告が主ですが、事前番組だけのための問題も用意されていました。これから関東ローカルでこういう番組が次々と作られるだろうから、いちいちチェックしなければなりません。途中、小学校教科書クイズのCMもはさまっていましたが、ここで流れた問題は本編ではカットされていました。なお、小学校教科書クイズの問題は、高校生クイズの問題を作っている会社がやっていたようです。

 それでは富士山大会です。敗者復活のチームが決まって、今度は抽選会です。アナウンサーが2人とも出てきますが、台に乗らないでやるのは珍しい。撮影もしています。オリラジサイン入りTシャツで異常に盛り上がっています。14時過ぎに終わりました。

 静岡の準決勝です。鈴木アナが「8チームで行います」と言ったところで「ちょっと待った」とオリラジが入ってきます。ここでわかったのが、敗者復活チームの人の親戚が勝ったチームの中にいたことです。また、敗者復活のチームは昨日、1人が出るのをやめて、今日になって別のメンバーを入れたそうです。
 残っている中に、スパイダーマンのマスクをかぶった人がいますが、この人の体が巨大です。体重150キロだそうで、鈴木アナが「それは苦にならない?」と聞くと、「こんなところでそんな話をしても」。
 1問目は7人正解ですが、スパイダーマンは白紙です。2問目は曇りの天気記号で、スパイダーマンだけが不正解。描いたのは雲の形です。3問目は別のチームだけ不正解で、この時点で6チームでの同点決勝になりました。
 最初の問題で2チームが決まりますが、そこからが長い。「アジサイを漢字で書いたとき出てくる色」で1チームだけ柴と書いたり、「寺の地図記号」で1チームだけナチスのマークを書いたりします。結局、同点決勝を7問もやりました。最後に勝ったのは、○×でも最後に勝ったチームでした。

 次の山梨のチームは静岡とは別の意味で特徴があります。それは次回。

|

« 27回富士山大会(その7) | トップページ | 27回富士山大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/16716528

この記事へのトラックバック一覧です: 27回富士山大会(その8):

« 27回富士山大会(その7) | トップページ | 27回富士山大会(その9) »