« 27回関東大会(その1) | トップページ | 27回関東大会(その3) »

2007年10月26日 (金)

27回関東大会(その2)

 ミートホープ社長の逮捕の映像を見ていたら、手錠のところに服のようなものを巻いて隠していましたね。しかし私は、手錠を隠すための青い専用カバーでした。でも、専用カバーだから手錠の形にぴったり合っていて、両手の間にあれがあって新幹線に乗ったら、完全に護送だとわかります。

 その話ではなくて関東大会です。第1問は、関東大会の参加者の名前に多く使われている漢字は「大」「松」「坂」「輔」の順であるというものでした。ネット時代に調べられない問題となると、「松坂大輔のリラックス法は深呼吸である」みたいな問題か、参加者自体の統計問題になるでしょう。
 このパターンの問題文が出たのは5回の北海道以来です。このときは事前に第1問のヒントがいろいろなメディアで発表されていたのですが、実は道北・道東・道央・道南で違う海産物をヒントとして発表していて、出された問題が「北海道での漁獲高の多い順番はサケ・イカ・ホタテ・カニである」というものでした。それぞれ調べてきた他の地区の高校生から漁獲高の情報を聞けということらしいのですが、そもそもこの順番に何の意味があるのかわかりません。しかも正解がNOだというのですからもっとわかりません。
 それで今回の問題ですが、「松」「坂」「大」「輔」の順であるという問題ならわかりますが、どう考えても「大」が一番多いのは明らかなので、ああいう問題文になったのでしょう。しかしこれでは、正解が○だと言っているのと同じことです。こんな不細工な問題文にしているのに、下の方の順位を現実と変えてあるとは考えられませんから。やはりどうしてもこれを問題にするのは無理があったといえるでしょう。しかし数千人分の名前を調べて今さら後戻りもできなかったのでしょうが。

 数千人と言いましたが、参加人数の少なさは相変わらずで、内野スタンドの途中ぐらいまでしか埋まらない感じです。全部で2000チーム台ですから、昔の北陸とか四国にも及ばない数です。この後、今年はオリラジが出られるのか。

|

« 27回関東大会(その1) | トップページ | 27回関東大会(その3) »

コメント

しかし、あの第1問は問題文にもかなり無理がありましたが、本編オンエアで出た解答で「坂」51「輔」49というのは非常にあぶなかったですね。
そもそも、参加者がこれだけ減った今でも、あのカウントが正確なものかどうかは疑わしいと思いました。かなり直前まで申し込みを受け付けているようですが、予備の問題があったんでしょうか。それにしても、無理やりな問題ですね。

あと、昨日の内容になりますが、地区大会のダイジェストで会場名が関東だけ出なかったのはちょっと面白かったです。

投稿: C-YAN | 2007年10月26日 (金) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/16874551

この記事へのトラックバック一覧です: 27回関東大会(その2):

« 27回関東大会(その1) | トップページ | 27回関東大会(その3) »