« ブログの紹介 | トップページ | 27回四国岡山大会(その14) »

2007年9月24日 (月)

27回四国岡山大会(その13)

 これは多くの人が疑問に思ったのではないかと思うのですが、昨夜、テレビ朝日で、なつかしのアニメキャラクターの声優の素顔を見せるという番組をやっていました。「ルパン三世」の銭形警部をやっていた納屋悟朗に顔出しの交渉をして、さんざん拒絶された挙げ句にようやく映すことを許可されましたが、その数時間後に放送されたNHKの「着信御礼!ケータイ大喜利」では、納屋が最初から思い切り顔を映して銭形警部をやっているではないか。最初のは単なる演出か? 以上、クイズとは何の関係もない話でした。

 それでは四国岡山大会です。岡山の決勝は、名前が柴田恭兵という高校生がいます。女子チームのメンバーの姉は2回出てすぐ負けたそうで、決勝に出たので電話したらうっとうしいと言われたそうです。
 1問目、ハンカチ王子のフルネームで女子が先制します。2問目は解答権を取った男子が不正解で「ミカンが足りたのに知能が足りなかった」。そしてダブルチャンスの女子も不正解です。したがって3問目は1チームしか解答権がありません。ミカンが足りなくてかごに入れ直しているチームに鈴木アナが「それぐらいでいいんじゃないか。他のチームいないから」。
 4問目は男子チームが最後の1個を入れたらスイッチがつきます。このチームは、準決勝で、負けたチームのウサギの着ぐるみをかぶっていた人だということがわかりました。5問目は女子が不正解で、ダブルチャンスのウサギも不正解です。正解が「しっぽ」なのに。ということで6問目が3問目と同じ状況になりましたが、ここで「日本の省の数はいくつ?」という問題が出て、1チームは動けません。北陸の「政令都市はいくつ」と同様、これは答えようとしてはいけません。
 この後、急に女子チームが2ポイント連取して勝ちます。

 次は香川ですが、ここで、北陸とは違うことが行われるのがわかります。それについては次回。

|

« ブログの紹介 | トップページ | 27回四国岡山大会(その14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/16549674

この記事へのトラックバック一覧です: 27回四国岡山大会(その13):

» 心の癒し系YOUTUBE ダイナマイト関西「1時間大喜利」 [心の癒し系YOUTUBE お笑い篇]
ダイナマイト関西「1時間大喜利」動画 [続きを読む]

受信: 2007年9月26日 (水) 08時02分

« ブログの紹介 | トップページ | 27回四国岡山大会(その14) »