« 27回四国岡山大会(その15) | トップページ | 27回四国岡山大会(その17) »

2007年9月29日 (土)

27回四国岡山大会(その16)

 本日は「おもいッきりテレビ」の最終回でしたが、過去に取り上げた健康食材などをクイズにしていました。早押しで答えて、正解と不正解の音が高校生クイズです。やはり日本テレビはあくまであの音を使うことになっているのか。

 それでは四国岡山大会です。徳島の決勝は同じチームが連取しました。ところが3問目と4問目は女子チームが連取します。そして5問目は女子チームと同じ学校の男子が正解。6問目、最初に2ポイントになったチームが解答権を取りますが不正解。そしてダブルチャンスで、1ポイントの男子が取ります。これでまたしても全チーム2ポイントです。それも2問ずつ順番に取るという展開です。最初に2ポイントになったチームは、解答権を取って勝利確実の状況から一転して、1回休みで敗北確実な状況です。
 7問目は「HDDの後ろのDは何の略?」です。男子チームが解答権をとって「ディスク」と誤答します。ダブルチャンスで女子チームが決定しました。この問題は2番目に答える人が正解できるパターンです。それにしてもダブルチャンスは回転灯がつくだけで音がしないので、自分が解答権を取っても気づきません。

 最後は愛媛です。1問目の正解は正岡子規です。4問目までで3チームとも1ポイントになります。各県で、ダブルチャンスを生かして得点するケースが多い。男子と女子が2ポイントになって、最後は男子が勝ちました。女子は農業高校でキャラクター的によかったのに、進学校2チームに敗れました。

 この地区ではスーパーオリラジチャンスをどのように発表するのか。それについては次回。

|

« 27回四国岡山大会(その15) | トップページ | 27回四国岡山大会(その17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/16603913

この記事へのトラックバック一覧です: 27回四国岡山大会(その16):

» 東大、博士課程の授業料「ゼロ」・頭脳流出歯止め狙う [採れたてニュース・オンライン]
 東京大学は来年度から、大学院博士課程に在籍する学生(約6000人)の授業料負担を実質ゼロにする方針を固めた。国立大では初の試みで、財源に約10億円を充てる。欧米や中国の一流大との“頭脳獲得競争”が激化する中、国内外の優秀な学生を招くには奨学制度の抜本的な充実...... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 01時19分

« 27回四国岡山大会(その15) | トップページ | 27回四国岡山大会(その17) »