« テレビ欄 | トップページ | いろいろな指摘 »

2007年9月12日 (水)

私ならこうする

 9月7日の巨人・阪神戦は、巨人がホームランを7本打ったのに、長打が1本しかなかった阪神に1点差で負けるという、非常におもしろい展開でした。関西では視聴率がかなり高かったようで、放送が延長されないことに対して読売テレビに抗議が結構あったようです。みんなが見なくなったから放送が延長されなくなったんだろ。ということは、関西ではその後の高校生クイズの視聴率が高くなっているのだろうか。

 さて、本放送の内容についてですが、裏が普通のレギュラー番組なのにここまで視聴率が取れないとなると、一般人が知識クイズをやるような企画は限界かと思ってしまいます。かといって、23・24回のように無理にキャラクターで残してタレントをいっぱい出して、といったことをすると番組の本質が損なわれるので、そもそも続ける意味がありません。
 とりあえず何かできることがあるかと考えて出した結論が、「全国大会でクイズをやりすぎ」ということです。放送枠が2時間半もあるのだから、予選に1時間ぐらい使えば多くの問題が解決するのではないか。

 このところ、クイズ界でも格差社会になってきたようで、高校生クイズに興味を持って参加しようという人が減っている一方で、マニア系の人が勝ち残る比率がどんどん高まっていますね。浦和が3連覇を目指すだとか、ラ・サールの同一チームが2度決勝に出るなどというのは、最近の回だから可能になっていることです。だからといって、そういうチームを負けさせるように操作するとおかしなことになります。でも最終的に数チームに残るのがそういうところばかりでも、予選をちゃんと放送すれば、普通の高校生が感動を与える番組だということが伝わるのではないか。ここ十数年の、いきなり全国大会が始まるという編集では、最初から選ばれたごく一部の人たちの大会になってしまいます。予選を○×クイズから敗者復活戦や準決勝などもきっちり映していくことで、視聴者にも一緒に参加している感覚が得られると思います。

 まず関東の第1問を放送します。その後、他の地区の第1問も放送して、それから数問、○×クイズをやります。今年なら、あの北陸あたりの問題を続けて放送するのがいいのではないでしょうか。最後に1チームだけ正解するのがイケメン高田で、これは全国大会での編集につながります。
 そして敗者復活戦も放送します。今回は沖縄がよさそうですし、北海道という手もあります。そして準決勝はどこか1県やればいいでしょう。岩手を放送して子持ちチームの紹介にするのもいいし、鳥取の馬でもいい(馬を映した場合、決勝で負けてマスクを脱ぐところまで放送する必要あり)。
 あとは各地区の決勝をなるべく多く放送します。例えば佐賀なんか、かわいい女子があれだけ残っていて、昨年決勝で負けたチーム対昨年の代表の妹がいるチームというドラマ性も十分です。なんでこんなのを全国放送で使わないのか。今年はネット上では「キモいクイズヲタしかいない」というような書き込みが非常に目立ちましたが、予選を長くすることで、番組の趣旨をまったく損なうことなく、かわいい女子をかなり後まで映すことができます。視聴率を取るには女を映さないといけないとあれだけ言っていて(10年前には運大王で無理なこともしているのに)、なぜそれをやらないのか。
 そしてスーパーオリラジチャンスですけど、せっかくあれだけのことをやってろくに生かさないというのはどういうことか。残ったチームを見ると、ラ・サールをあそこまで追いつめた鳳凰とか、敗者復活から勝ち残った北嶺とか、「二川さん」の後輩の高松の女子とか、最大の常連の東大寺学園とか、ネタにできるチームだらけではないか。ここをちゃんと放送すればもう一つ盛り上がりが作れるのに。

 全国大会は4段階ぐらいでいいと思っています。今年は1回戦で大量に落としすぎという反応がやたら目立ちますが、これはその後で1チームずつ落とすのにやたら時間をかけたからでしょうね。結局、全国に出たチームの中でもほんの数チームがクローズアップされすぎていることが反発を呼んでいるようです。この全国大会での落とし方については別の機会に書きたいと思います。
 ちなみに、過去最高視聴率だった7回は、放送枠が2時間で、うち1時間近くが予選で、全国大会は4段階です。

|

« テレビ欄 | トップページ | いろいろな指摘 »

コメント

22回の近畿大会の時、某スタッフ(確かWさんだったかな?)に「全国大会にはそんなに力を入れなくてもいいから予選を重点的に放送して欲しい」と言った所「そうゆう訳にはいかねぇんだよ!」という返事が返ってきましたが、じゃあどうゆう訳なんでしょうかねぇ。

私的には全国大会は5段階が最適なんでは思うのですが。今回の6段階は多いし4段階では何か物足りないなと感じるんで。

投稿: KYOSUKE | 2007年9月12日 (水) 02時57分

大前さん、こんにちは。
今年の高Qは本当、私が今まで見てきた内容の中でいちばん最悪な大会でした。
準決勝の使いまわしというのがいちばん納得がいきません。まあこれは、いろんな方面で言われているので(そして私もmixiでいろいろと書かせてもらっているので)あえてここでは言及しませんが…。

2時間ないし2時間半という尺の中でいろいろとドラマを展開させるのは本当難しいところですね。私が小学生の頃に見ていた高Qはそれこそ1時間予選に使って、残りを全国大会に使っていた感があるのですが、大前さんが書かれてる内容を読んでいてそれを思い出しました。司会者の技量が云々というわけではないのですが、やはり福留さん司会の高Q、福澤さん司会の高Q(私は福澤さん司会の11回から参加していました)の印象が強烈だったのでどうしても比べてしまいます。

あと、ふと思ったんですが、過去の事前番組って紳助さんが司会していた回をどういうわけか覚えているんですが…間違いですかね。

投稿: nuno | 2007年9月12日 (水) 12時15分

いつも面白く読ませて頂いてます。

今年は全国の1回戦に○×を持ってきたせいか、地区大会の○×がたった2問しか放送されませんでしたね。もっと参加した高校生全体を映すところが欲しかったです。

全国ですが、わたしもKYOSUKEさんのおっしゃるとおり5段階くらいが最適かなと思います。4段階では大量虐殺が多くなりすぎるんではないでしょうか。
・代表校の顔見せのできるシンプルな1回戦
・目玉企画の2回戦(大量虐殺をするならここ)
・色物の準々決勝
・緊張感のある準決勝
・いつもの決勝
という感じで。最近の例でいうなら、17回みたいな(運大王抜きの、とつけたしておきます)。

投稿: C-YAN | 2007年9月13日 (木) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/16420243

この記事へのトラックバック一覧です: 私ならこうする:

« テレビ欄 | トップページ | いろいろな指摘 »