« いろいろな指摘 | トップページ | 先週末の話 »

2007年9月14日 (金)

いろいろな返事

 毎日、長い論文を書いていると疲れます。コメントがいろいろついたので返事をします。
 全国放送で全国大会ばかり放送するのは何か政治的な理由があるのではないかというのは、私も感じていますが、だから逆にこの壊滅的視聴率が、それを打破するきっかけになるのではないかと期待しています。参院選大敗で「美しい国」だの「戦後レジームからの脱却」だの言っていられなくなったように。
 全国大会の準決勝は、評判のよかった形式を翌年もやるのは昔から定番になっているのに、なぜ今年に限ってこれだけ批判されるのかわかりません。それを批判する人が17回のようなのが理想と書いているのを見かけましたが、17回って16回の準決勝とまったく同じ企画の後に9回の準決勝と同じ企画をやってるんですけど。
 島田紳助は事前番組を10年間やっていました。彼は高校生クイズを本当に愛していたので、「1年で一番楽しみな仕事」とか「自分にとって正月のような番組」と言っていました。今の高校生クイズについてどう思っているか知りませんが。
 私は運大王という制度自体にはまったく反対しません。毎年あってもいいと思っています。運大王という以上、運で決めろと言っているだけです。美人に生まれることが運だという言い逃れは許しません。
 私が今年の本放送で最もわくわくしたのは、オープニングの「え~お~終わりじゃん」から「早稲田実業」と答えるところまでです。これは福留時代から高校生クイズを見ている人はみんなそうではないでしょうか。あの曲は11回ぐらいまで使われていたんでしたっけ。
 15回は高校生クイズにとってかなりのターニングポイントで、それまでの番組の趣旨をかなぐり捨てて、全部スタジオで本格的クイズ王決定戦のようなことをやるという企画にしたら、意外に視聴率が取れてしまったのでした。番組を作る人にはいまだにあのときの呪縛があると思います。最近の高校生クイズは、まともにクイズをやらずに高校生の素顔を見せようとするか、屋外でも15回みたいなことをやろうとするかで揺れ動いています。

 話は変わって、エコノミクス甲子園のホームページで新聞の名前が間違っています。「河北新報」「秋田魁新報」です。

|

« いろいろな指摘 | トップページ | 先週末の話 »

コメント

はじめまして
書き込ませていただきます。

さて、今年の準決勝の件ですが書き込んでいる方の大半が
「昨年自体、準決勝が良かったのか?」
って思ってることです。
確かにIQサプリみたいな右脳を使うような問題は最初は私自身は斬新だと思いました。
ただ、やっていくうちに実質上のタイムレースの為、最初にパスを使ったチームが不利ということに気付きます。強豪校がパスを使って一斉に他校もパスを使い始めると尚更です。
あとは「円」という問題にこだわりすぎですかね。

このあとは他の人と被るのでスルーもらっても結構です。

第15回は「クイズ王決定戦」というよりかはさまざまなクイズ形式があったため楽しめたのではないでしょうか。
第16回(第17回)の準決勝とかは1人脱落したら一旦リセットされるのでどの学校が脱落するかがわからない点ではドキドキしましたね。ヘッドホンがあって他校の状態がわからないのがよりドキドキ感が増大しましたね。17回知ってる人は16回もほぼ同じようなのをしてたのを知ってると思いますよ。

長々と失礼なことも言ってすいません。

投稿: げじげじ眉毛 | 2007年9月18日 (火) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/16439884

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな返事:

« いろいろな指摘 | トップページ | 先週末の話 »