« 27回北陸大会(その9) | トップページ | 27回北陸大会(その10) »

2007年8月13日 (月)

生放送の敗者復活戦

 今朝、「ズームイン!!SUPER」の生放送で、スーパーオリラジチャンスの13チームから全国大会に合流できる1チームを選ぶクイズが行われましたね。私は現場へ行って見てきました。ルールは早押しのタイムレースでした。17回の運大王などと違って、敗者復活の過程もすべて普通のクイズというのが大きな特徴です。

 番組ではまず上重アナのナレーションが入ります(上重アナは高校生クイズマークを元にした非常に変な帽子をかぶっていたのに、全部で1秒も映らなかった)。「夢を追ったのは高校生だけではない。羽鳥慎一」。そして、20回で全国大会の司会をしたことが紹介されます。「次は俺一人で総合司会。夢は確信に変わりかけていた。しかし翌年、総合司会を獲得したのはラルフ鈴木」。そして羽鳥アナがズームインの中で「その後、俺は一切呼ばれなかった」と発言しているVTRが流れます。これって本編よりおもしろいではないか。私も21回からの司会は羽鳥アナだと思っていましたが、本人もそうだったんですね。生中継部分に戻って羽鳥アナが「福澤さん見てますかー。見てないでしょうね」。

 2分間のタイムレースを2ラウンドやってトップのチームが全国大会進出です。不正解は1回休み。鈴木アナの平板アクセントにならない「休み」が生放送で流れました。でも問題ではかみませんでした。さすがに全国放送を意識して、いい問題をそろえていました。途中のインターバルで北海道のチームにオリラジが突っ込みますが、これはオリラジが最後までいた予選が少ないので他のチームを知らないからではないでしょうか。

 ほとんどのチームが1回はボタンを押すという、いい展開になりました。トップのチームは3ポイントでした。最後に、全国放送の宣伝をしていましたが、取り上げられたのは当然、史上初の子持ちで全国大会に出場する定時制の女性でした。この後、挑戦者とスタッフは二手に分かれたようですが、どちらも見られない場所だったようです。

|

« 27回北陸大会(その9) | トップページ | 27回北陸大会(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/16101991

この記事へのトラックバック一覧です: 生放送の敗者復活戦:

« 27回北陸大会(その9) | トップページ | 27回北陸大会(その10) »