« 27回北陸大会(その4) | トップページ | »

2007年7月17日 (火)

27回北陸大会(その5)

 今夜の「NEWS ZERO」。富士山大会が終わったラルフアナが出ることになっていましたが、23時39分になってようやく一般ニュースを1本読むために出てきました。その後ちょっとスポーツコーナーをやっていましたが、それより前にえーもんアナが名前を漢字にして被災地のリポートをしていました(関係ないが、福岡放送の古賀ゆきひとアナは「之士」と書くことを知っているか)。それにしても、富士山大会を今週に限って日曜でなく月曜にしたら台風が過ぎ去るし、新潟での予選は地震の前に済ませているし、今年の高校生クイズは昨年と逆に運を持っています。

 それでは新潟で行われた北陸大会です。第1問の正解が出ます。ここでえーもんアナが出てきて敗者復活戦を要求…しません。ディレクターがやめさせています。第1問の不正解が1チームなのに敗者復活戦を要求したら、クイズそのものを否定することになります。そしてディレクターが、携帯電話のスイッチを切るように言います。これに関しては、他の予選でも通常2問目以降に言うので、企画が失敗したから急に言ったわけではありません。
 ○×クイズを通過できるのは各県8チームであることがわかりました。スタッフが、勝ち抜けが決まった県がいないか人数を数えていますが、仮に8チーム以下の県があったとしても、ここでは言えないでしょう。富山以外の県で決定チームがいると発表したら、その県は昨年の高知と同じ状況だったことがわかってしまいますから。しかしラルフアナは「遠くから来てくれた福井、富山あたりはかなりいい人数になっているかもしれません」。

 2問目はピンポンに関する問題です。今度は半々に別れます。卓球部は○×両方にいます。正解した方に向かってラルフアナは「ピンポーン!」と言ってから「それ他局だよ」。ラルフが言うと、単に他局という以上に非常に微妙なものがあります。
 ラルフアナは「1年生、2年生はまた来年。3年生、バイバーイ」。ここで今度こそ「待った、待ったーっ!」と、Mr.マリックの曲に乗ってえーもんアナがシルクハットで登場します。「敗れた敗者が復活を遂げる。それはまさにイリュージョン」。そして植物園のイースターカクタスを出します。花言葉は「復活の喜び」。それに対してラルフアナはガーベラです。花言葉は「チャレンジ」だそうです。花の名前で5つしりとりできれば敗者復活をやることになります。当然成功します。

 この後、参加人数が少ないのに○×クイズが難航します。それについては次回。

|

« 27回北陸大会(その4) | トップページ | »

コメント

逮捕記念マキコ

投稿: ( ´ⅴ`) | 2007年7月18日 (水) 06時04分

たいーほ

投稿: | 2007年7月18日 (水) 22時44分

今日は関東大会でした。

大前さんのいない地区大会はちょっぴり寂しいです。

早く帰ってきてください。

投稿: | 2007年7月23日 (月) 00時13分

はじめまして。
高校生クイズで応援ソングを歌っているredballoonさんは最初に出るのでしょうか?それとも最後に出るんでしょうか?

投稿: 春菜 | 2007年7月23日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/15783569

この記事へのトラックバック一覧です: 27回北陸大会(その5):

« 27回北陸大会(その4) | トップページ | »