« 27回沖縄大会(その14) | トップページ | 27回北陸大会(その2) »

2007年7月13日 (金)

27回北陸大会(その1)

 参院選が公示されましたが、突然日程が変わったために、フジテレビは27時間テレビをやめられず、選挙速報が始まるのが大幅に遅くなるそうですね。ところで、29日の中部大会にはオリエンタルラジオは来ないようですが、これってもしかして、27時間テレビに出ているということなのでしょうか。

 それでは7月1日の北陸大会です。会場は旧新津市の新潟県立植物園という初めての場所です。8時台に新潟駅から古津へ向かう列車に乗ります。ところが、ホームに高校生が1人もいません。この前後の列車は間隔があいていて、これ以外では会場に行けないはずなのだが。例年、期末試験中と思われるこの日の予選は参加者が少なくなりますが、本当に北陸大会が成立するんだろうな。
 列車は越後線からの直通ですが、車内には多少、高校生がいました。古津に着くと結構降りてきます。信越線沿いの道を西に歩きます。「区バス」の停留所があります。先日まで新津市バスだったのでしょうが、合併してさらに政令指定都市になったら、聞いたことのない名前になりました。

 会場はかなりきれいなところです。大きな池を囲んだ緑地になっていて、起伏があります。私は、6回と7回の中部で使われた愛知県青少年公園(その後、愛・地球博の会場になったところ)を思い出しました。モエレ沼公園に匹敵する、景色のいい場所です。
 でも参加者は明らかに少ない。応募が増えたのは沖縄だけの現象だったか。福井が8チーム(できれば9チーム)以上いますように。
 セットの骨組みは昨年と同じです。基本的なデザインはまったく変わっていません。一方、昨年もあった、敗者復活で使うと思われる三択看板があります。しかしセットといえば気になることがあります。それは次回。

|

« 27回沖縄大会(その14) | トップページ | 27回北陸大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/15739894

この記事へのトラックバック一覧です: 27回北陸大会(その1):

« 27回沖縄大会(その14) | トップページ | 27回北陸大会(その2) »