« 27回沖縄大会(その12) | トップページ | クイズ王子の事前番組(その4) »

2007年7月10日 (火)

27回沖縄大会(その13)

 7月8日に、ある用事で愛媛県にいました。帰りに岡山から最終に近い新幹線に乗りました。名古屋駅に着いたところで動かなくなります。小田原駅で、のぞみと人が衝撃したそうです。この日本語表現は聞いたことがありません。飛び込み自殺とは言いたくないわけですね。前回の文章はこの機会に名古屋駅のホームから無線LANで送信しました。結局、名古屋駅に2時間以上停車して、東京着は午前2時ごろです。私の住居は新幹線の駅から歩くことが可能な場所にあるので、それほど被害はありませんでしたが(むしろ特急料金が全額払い戻しになってかなり得した)、あるクイズ番組のスタッフも当然同じ目に遭っているはずです。あの人たちには迎えの車が駅まで来るはずですが。

 それでは沖縄大会です。5チームのうち女子1チームが2ポイントで他が1ポイントです。すると、ここで突然、スコールのようなものすごい雨が降ってきます。全員、避難します。ところが、1~2分たったらウソのようにやみました。
 再開されると次の問題を着ぐるみ敗者復活が正解します。すると会場は大喝采です。完全に観客を味方につけています。フライングで1問キャンセルになった後、敗者復活が正解して全国大会を決めました。決勝進出4チームが全部同じ学校なのに、その学校が全国大会に出られないという、非常におもしろい結果です。

 鈴木アナが負けた同一校4チームに敗者インタビューします。するとオリラジ藤森が「ちょっと待ったーっ!」。鈴木「いや、もう代表決まったんですけど」。すると中田が「鈴木つべこべ言うんじゃない」と、殴るまねをします。ここまで台本にあるのは明らかです。そしてついにあのことを書くときがやってきました。スーパーオリラジチャンス。それぞれの地区の決勝で負けたチームの中から1チームをクイズで選んで、13チームが東京で対戦して勝った1チームが全国大会に合流できるそうです。制度としては18回の運大王に近い。しかし、決勝まで行ったチームが対象というのとクイズで決めるというので、運大王とは決定的に違います。私は県別代表制になる前の時代に、夢の企画としてこれを考えたことがあります。20年以上たって現実のものになるとは思いませんでした。これについてはまだ書きたいことがありますが、次回。

|

« 27回沖縄大会(その12) | トップページ | クイズ王子の事前番組(その4) »

コメント

深夜の帰宅お疲れ様でした。
20:33岡山発東京行き最終「のぞみ」に
乗りましたが、僕は新大阪でおりました
ので被害はありませんでした。それより
も、車内の電光掲示板で流れていた都営
浅草線のニュースのことが少し気になっ
てました。

投稿: ともひこ | 2007年7月10日 (火) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/15709394

この記事へのトラックバック一覧です: 27回沖縄大会(その13):

« 27回沖縄大会(その12) | トップページ | クイズ王子の事前番組(その4) »