« いろいろな追加情報 | トップページ | 23回札幌大会(その2) »

2007年6月14日 (木)

23回札幌大会(その1)

 昨夜、テレビのチャンネルを変えていて、「週刊オリラジ経済白書」をやっているのをすっかり忘れていたことに気づきました。もう半分終わっています。それで、この番組の放送日について調べたら、ちょうど23日の深夜に沖縄で放送されるそうです。何が「ちょうど」なのかはわかりません。

 さて、このところ新しい文章が異例に連続しましたが、そろそろ昔の予選リポートを載せたいと思います。もう当分載せる機会がなくなるかもしれませんので。どれを載せるか考えましたが、17回を載せたら次は23回ということで、23回の最初の予選を選びました。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

6月に山陽放送制作のさぬきうどんの番組が全国放送されていましたが、そこで取り
上げられていた香川のさぬきうどん10選の筆頭に挙げられていたのが、20回の
四国・岡山大会の決勝の会場になった「がもう」でした。

さて、この夏は私の文章が始まるのが1カ月も遅い。高校生クイズの地区予選が
こんなに遅く始まるのは16年ぶりです。といっても、実は見えないところで予選が
行われているのはご存じの通りです。今年こそ絶対に高校生クイズはないと思って
いて、4月に入っても番組ホームページが去年のものなので、番組終了を確信して
いたら、4月3日になって表紙が変わりました。しかし5月になっても参加者募集も
しなければ予選日程も発表されず、そのうえ「衝撃の予選新方式」などとホーム
ページに書いてありました。この時点で、昨年までのような予選はやらないことは
明らかです。私は、全国各地で予選をやるのを完全に廃止してインターネット利用の
予選のみになると予想していました。

そして5月下旬の事前番組で参加者募集が開始されると同時に、予選について明らか
にされたのでした。その内容は、地区予選が6カ所に減らされるというものです。
これにともない、ついに県別代表制が廃止されました。私はこの根底にあるのは、
経費節減ではないかと思っています。昨年あれだけ視聴率的に惨敗して、そもそも
今年あるのが不思議です。開催の条件として、予算が削減されたのではないでしょう
か。どうせ全国放送では地区大会の映像はろくに使えないのだから、10カ所で
やっても無駄です。それに加え、島根県は○×クイズが免除というような状態になる
と、全国あまねく開催して各県から代表を選ぶということができなくなってきます。
これによって、広島や沖縄の高校生は事実上、参加の道が閉ざされたようなものです。
そこでこれを補うものとして、インターネット予選も始めたのでしょう。携帯電話を
あれだけ禁止してきた高校生クイズが、携帯電話がないと参加できないようになる
とは。そういえば、参加の応募自体が、最初のうちはインターネットでしかできなく
て、郵便は使っていませんでした。これも経費節減かもしれません。あと、それなら
ついでにもっと予選の形式を増やした方が格好がつくということで、新聞予選と一芸
予選が加わったと考えています。どちらもウルトラクイズの企画そのままですね。

−−−−(ここまで)−−−−

 山陽放送はいつも6月に全国放送の枠を持っています。今年はどうなのかわかりません。
 この文章は7月20日に書かれています。地区予選が全部夏休みに行われたのは7回以来です。
 この前年、島根8チーム事件が起きたのでした。なお、広島のチームは大阪と福岡の予選に出て、全国大会進出したチームもいます。
 地区大会が6カ所に減らされたなんて、今年からは信じられません。でも前年の視聴率が惨敗してというのは、昨年も書いていた気がします。

|

« いろいろな追加情報 | トップページ | 23回札幌大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/15426904

この記事へのトラックバック一覧です: 23回札幌大会(その1):

» 沖縄 土産 [沖縄 土産]
沖縄の土産って喜んでもらえるんでしょうか?私が本土にいたときは沖縄の土産の代表「ちんすこう」の評判.. [続きを読む]

受信: 2007年6月15日 (金) 12時23分

« いろいろな追加情報 | トップページ | 23回札幌大会(その2) »