« エコノミクス甲子園報告書(その6) | トップページ | エコノミクス甲子園報告書(その8) »

2007年6月 3日 (日)

エコノミクス甲子園報告書(その7)

 本日気づきましたが、ハウス食品の「ウコンの力」のCMに華丸・大吉が出てるんですね。「ミント味、結構」。これって児玉清の許可はいらないのだろうか。

 それではエコノミクス甲子園の報告書です。優勝のラ・サールにはニューヨーク研修旅行が贈られましたが、「研修旅行」なので、リポートを提出させるというのが発表されていました。そのリポートを3人とも書かされています。かなり長い文章です。1ページに1人ずつになっていて、文字で埋まっています。主催者側が書いている各ページの文章よりはるかに長い。特にリーダーの文章が圧倒的に長くて、写真の入るスペースもありません。「来年のエコノミクス甲子園に参加できるかどうかは分かりませんが」と書いてありますが、おそらく今年になるので出るかもしれません。

 この後は3ページにわたって参加者アンケートの結果です。前のページから一転してゆるいレイアウトになっていて、これを載せるのに3ページも必要かと思います。「参加して楽しかったですか」という質問に対して、3年生は100%が「とても楽しかった」と答えています。やはり現実逃避だからでしょうか。「問題のレベルはどうでしたか」という質問に、学年が上がるほど「難しい」と答えているのがおもしろい。そして「大会に備えてどのくらい勉強・対策しましたか」も、学年が上がるほど長くなっているのです。どういうことだ。

 ようやく次で最終回になりそうですが、かなり重要な情報が出てきます。

|

« エコノミクス甲子園報告書(その6) | トップページ | エコノミクス甲子園報告書(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/15295184

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園報告書(その7):

« エコノミクス甲子園報告書(その6) | トップページ | エコノミクス甲子園報告書(その8) »