« 23回札幌大会(その7) | トップページ | 23回札幌大会(その8) »

2007年6月22日 (金)

本の間違い

 98年に@niftyのパティオに書いた文章を読み返したら、こんなことが書いてありました。

----(ここから)----

今、「鉄道なるほど雑学事典」(川島令三、PHP文庫)という本を読んでいます。
なぜこの本を読もうと思ったかというと、前書きに次のようなことが書いてあった
からです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

従来、鉄道雑学といえば、聞いたことがある有名なものを紹介している本が多い。
それにやや正確さに欠けていて、熱心な鉄道ファンにとっては物足りなかった。そう
いった方々も満足でき、さらにどこにでも隠れ潜んでいるといわれる、いわゆる
「隠れ鉄道マニア」にも十分楽しんでもらうよう、最新の情報や過去であっても
あまり世に出ていない驚くような、そして面白い事柄を掘り起こして紹介する。
もちろん、鉄道に興味がない方々でも、こんなこともあったのかとびっくりするよう
な、そして肩が凝らず電車内でも楽しく読める話もいっぱい用意した。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

他の本には不正確な情報が多いから、自分が書いたと言っているのです。ところが
いざ読んでみると、間違いだらけ。例を挙げると、長野県の上諏訪駅は構内に温泉が
あるのですが、これを「国鉄が分割民営化したとき、JR東日本長野支社が打ち出し
た『一駅一名物』キャンペーンの産物である」と書いています。大ウソで、この
キャンペーンは国鉄時代に長野鉄道管理局が始めたものです。国鉄は何もできない、
分割民営化されて初めてサービスに目覚めたんだと思い込んでいるから、このような
ミスが起きるのです。次に「『旭』駅も、全国に三つ重複している駅名だ。北海道の
名寄本線、千葉県内の総武本線、高知県内の土讃本線に、それぞれ『旭』駅があり、
読み方も同じ『あさひ』だ」とあります。名寄本線が廃止されて、もう10年はたって
います。一方で「熊本県と鹿児島県を結ぶ肥薩本線の真幸駅である」。あの超ローカル
の肥薩線がどうして本線なんだ。確かに何十年も前はあの区間が鹿児島本線だったが
(御殿場線がかつて東海道本線だったように)。他にも近鉄に「区間準急」が走っている
とか、東北新幹線の列車名が「なす」だとか、ざっと見ただけでも間違いが10カ所は
くだりません。そのくせ自分の専門の、これからの鉄道建設計画のところだけは元気
で、新宿駅には上越新幹線用のスペースが確保してあるとか、リニア新幹線の実験が
失敗に終わった場合、中央新幹線のルートには普通の新幹線を建設して走らせると
いった初耳の話が出てきます。しかし自分で他の本の間違いをこれだけ批判して
いながらこんなに記述が不正確というのは、この人の主張する新線建設計画は裏付け
のないということを感じさせます。この手の、キヨスクやコンビニで売られそうな文庫本は、
いい加減につくられていることを思わされます。

----(ここまで)----

 なんか、私の文章のテイストが今と全然変わっていません。読んでて「おもしろい」と思いました。なお、今年から近鉄に区間準急が走っています。

 これだけではこのブログの話になりませんので、別の本について。

 「オリラジ伝」という本が出ているのを発見しました。オリエンタルラジオのこれまでの人生について、インタビューなどで発言したことをまとめたものです。そして、昨年の高校生クイズについてのページもあります。ところがこの番組説明で、優勝した浦和高校の後輩が2連覇に挑戦したが、当然それは無理と書いてあるのです。この本も相当いい加減につくられたのではないかと思います。

|

« 23回札幌大会(その7) | トップページ | 23回札幌大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/15513149

この記事へのトラックバック一覧です: 本の間違い:

» オリラジ オリエンタルラジオ 芸人 [オリラジ オリエンタルラジオ 芸人]
オリラジ オリエンタルラジオ 芸人 [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 02時24分

« 23回札幌大会(その7) | トップページ | 23回札幌大会(その8) »