« 23回札幌大会(その3) | トップページ | 23回札幌大会(その5) »

2007年6月18日 (月)

23回札幌大会(その4)

 その通り、吉川晃司は16回でした。

 テレビ朝日の「クイズみっけタウン!」、第4弾があって、また早押しボタンの音が高校生クイズになっていて、構成作家に高校生クイズ関係者がいました。

 それでは23回札幌です。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

ここで○×クイズについて発表があります。○×クイズで最後まで残った1チーム
が、その場で決勝大会(「全国大会」と言えなくなったのは、「北海道大会」でなく
「札幌大会」でしかないのと同じ)に進出できるそうです。○×クイズで最後の1
チームまで決めるのは史上初です。1チームはいきなり決勝大会で、残りの上位10
チームぐらいから、あと2チームの決勝大会進出チームを決めるということか(この
予選で勝ち残るのは3チームと予想。もともと北海道代表は3チームだったが、県別
になって2チームに減らされていた)。

一番乗りのチームは午前7時15分に来たそうです。昔から考えると信じられない
くらい遅くなっています(以前は、何日も前から来るチームがいた)。その他の
チームもさんざん紹介して、ようやく、昨年の優勝チームが出てきました。日本
テレビ編成局の人に優勝旗を返還します。ここにまた、引っかかるものがあります。

第1問の正解が発表されて、鈴木アナが敗者を帰らせているところで「ちょっと
待ったーっ!」という声が聞こえます。札幌テレビのアナウンサーがようやく出たと
思ったら、爆笑問題の声なのでした。VTRで敗者復活戦の宣言をします。これに
対して鈴木アナはいつものように抵抗することなく、あっさり「それでは敗者復活戦
を行うことにします」。

先に書いておきますと、抽選会をやったのは5番6番でした。つまり、今回の札幌
大会の収録中、「札幌テレビ」という言葉が一言も出てこなかったのです。持ち物
検査がないのに始まり、大泉洋を出さない、優勝旗返還にも札幌テレビの役員が
出ない、前説も抽選会も東京のタレントがやる、と、札幌テレビは番組制作に一切
かかわっていないかのようです。一応、中継車にはSTVマークがついていました
が、それこそ札幌テレビは中継車を貸しただけではないでしょうか。これが福岡放送
なら、ヤラセで自粛しているのかと思ったでしょうが。この番組は各地の放送局との
連携というのはなくなって、日本テレビ直轄になったようです。大阪大会が果たして
どうなのか興味があります。

−−−−(ここまで)−−−−

 福岡放送のヤラセって何の事件だったか思い出せません。17回のときはCM間引きがありましたが。改めて調べたら、「ズームイン!!SUPER」で、ホームレスの人の親族と偽ってスタッフの関係者を出演させていたらしい。

|

« 23回札幌大会(その3) | トップページ | 23回札幌大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/15469906

この記事へのトラックバック一覧です: 23回札幌大会(その4):

« 23回札幌大会(その3) | トップページ | 23回札幌大会(その5) »