« エコノミクス甲子園報告書(その7) | トップページ | 日本人の質問(その28) »

2007年6月 4日 (月)

エコノミクス甲子園報告書(その8)

 4月に、テレビ朝日で深夜に「クイズ ダメ探シティ!」という番組をやっていたことを書きました。昨夜、その第3弾をやっていました。なぜかタイトルは「クイズみっけタウン!」に変わっていました。この番組で、早押しボタンを押す音が、前回までと違ってなぜか高校生クイズ音になっていました。スタッフロールを見たら、前回まではなかった「構成」という項目があって、高校生クイズ関係者が参加していることがわかりました。

 それではエコノミクス甲子園の報告書です。第2回大会の予告が出ています。地区大会は11月~12月、全国大会は1月~2月に行われるそうです。その地区大会は、北海道大会・東北大会・北陸大会・関東大会・東海大会・近畿大阪大会・中国大会・四国大会・九州大会です。なんと、3~5回の高校生クイズと同じ全国9地区で行われるというのです。北陸まであるというのは驚きです。おそらく北國銀行あたりと交渉しているのではないかと思います。
 それにしても、「東海大会」はともかく、「近畿大阪大会」というのは、なぜここだけ都市名がついているのでしょうか。きっと、この予選は近畿大阪銀行がやるんでしょうね。近畿大阪銀行はりそなホールディングス傘下で、本来ならりそな銀行に統合されているはずが、りそなに公的資金注入の影響で遅れたようです。

 さて、「下記の方々の大きなご協力をいただきました」として、問題監修の教授やりそな銀行のスタッフの名前が書いてあります。その中に、「ボランティア」として私の名前も載っているのです。当ブログで突っ込んだのから始まって、ついに主催者側に連ねられることになったか。名前の字が間違っていますが。

|

« エコノミクス甲子園報告書(その7) | トップページ | 日本人の質問(その28) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/15298542

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園報告書(その8):

« エコノミクス甲子園報告書(その7) | トップページ | 日本人の質問(その28) »