« 23回札幌大会(その1) | トップページ | 参院選の話 »

2007年6月15日 (金)

23回札幌大会(その2)

 高校生クイズは、昨年事件が起きた神宮球場からグッドウィルドームに移ったら、グッドウィルが事件を起こしました。一方で高校生クイズが去った神宮球場はハンカチ王子で大盛況です。もしかして、高校生クイズが疫病神なのだろうか(もし国技館になっていたら、それはそれで八百長問題だし)。

 それでは23回札幌です。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

7月20日は札幌予選です。全国を地域に分割してそれぞれで予選をやるということ
でなくなったので、北海道予選という名前にできなくなりました。単に札幌市でやる
予選ということです。北海道は予選の最後になることが多くて、北海道が最初という
のは史上初です。もしかすると、県別代表制が廃止されたので、どっちみち形式を
変えなくてすむ札幌大会を練習台として選んだのでしょうか。

番組ホームページに「恒例の持ち物検査を今年は行いません」とわざわざ書いてあり
ました。あと、大泉洋は7月20日は小樽でトークショーだということが判明し
ました。しかも1日2回公演なので、高校生クイズに来ることはあり得ません。会場
の真駒内公園に着くと、恒例の北海道の人文字をつくっていません。これは実に第2
回以来です。ヘリコプターでこういう映像を撮るコストも節約したのでしょうか。
セットの形が昨年と似ています。デザインは違いますが、昨年のセットの骨組みを
流用しているのだと思います。あと、なぜか、このところなくなっていた東洋水産の
ブースが復活していました。今年はここでカップ麺を買うと、赤いきつねまたは緑の
たぬきのクリップをもらえます。お湯を入れたときにふたを閉じておくためのもの
です。

今年はメインパーソナリティーが爆笑問題だということも宣伝されています。爆笑
問題がいるからといって何をするのかというのがよくわからないのですが。それと
同じ事務所の「5番6番」が出てきて前説をします。5番6番というと、「爆笑
オンエアバトル」で見たことがあるような気がします。どうでもいいことですが、
爆笑オンエアバトルは、敗者はそもそも放送されないのだから、視聴者にとっては
ただの演芸番組と何の変わりもないのですが。

10時を過ぎて、いよいよ鈴木アナの登場です。それにしても、今回の札幌大会、
非常に気になることがあります。なんか、自分が北海道の予選を見ているような気
がしないのですが。それがいったい何なのかということは、次回もう少し書いて
から説明します。

−−−−(ここまで)−−−−

 「持ち物検査を行わない」というのが、ここで書いてある「非常に気になること」、つまり実は札幌テレビが制作にかかわっていないということを表していたのでした。
 5番6番はそもそも、爆笑問題の番組で仕事をすることが多いようです。なお、地区によっては「がんす」というコンビが出ていたらしいですが、顔を認識していないのでわかりませんでした。
 爆笑オンエアバトルで思い出しましたが、当ブログの検索フレーズで「NHK 高山アナウンサー 逮捕」というのが引っかかっていました。逮捕された人の名前は高山ではありません。

|

« 23回札幌大会(その1) | トップページ | 参院選の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/15435827

この記事へのトラックバック一覧です: 23回札幌大会(その2):

« 23回札幌大会(その1) | トップページ | 参院選の話 »