« 日本人の質問(その28) | トップページ | 865630の話 »

2007年6月 6日 (水)

ゼロの話

 先ほど、「週刊オリラジ経済白書」で、クイズのデリバリーという商売についてやっていました。司会者が来て機材を設置して問題を出します。それで、早押しボタンを押すときの音が最初だけ高校生クイズ音に差し替えられていました。

 さて、今週に入ってから当ブログのアクセス数がかなり減っています。以前、メガチキンフィレオについて書いたら、大量の検索があってアクセスが激増したことがありました。もうすぐレギュラーメニューになるのはメガチキンフィレオではなくメガてりやきバーガーのようですね。今回はそれに似た話。
 東京の大田区を歩いていました。JRの蒲田駅に近づくと、あるコカ・コーラの自動販売機が目にとまって仰天しました。売っている商品が全部黒い。Coca-Cola zeroというものが出たのか。まったく知りませんでした。ペプシのNEXに対抗したんですね。その自販機の商品を全部、コカ・コーラ ゼロにしているのです。ところが、周囲の自販機を見ても、その商品が入っているのはどこにもありません。結局、この日の夜までに東京中を歩いて、この商品が買える自販機は3カ所ぐらいしか見ませんでした(コンビニで売っているのは2軒見た)。
 それならなぜ、あの蒲田の自販機は全部の商品をこれにしていたのか。この自販機の設置場所は目の前が線路です。おそらく、京浜東北線が蒲田駅に停車しようとしたところで、窓から真っ黒なコカ・コーラの自販機が見えて、いったいあれは何だと話題になることを狙っているのではないでしょうか。それでいて実際に売っているところはほとんどないので、幻の商品として価値が高まるわけです。
 え、高校生クイズの話はどうしたって? えー、これが黒でなくて緑なら、NEWS ZEROだからラルフですね。

|

« 日本人の質問(その28) | トップページ | 865630の話 »

コメント

今日そのコカコーラzero飲みましたが、味はほとんどダイエットコークでした。二度目はないです。コーラのアレンジ品は定期的に出てはすぐに消えるのを繰り返していますが今回も同じ道ですな。そう考えるとダイエットコークが長年売られ続けているのは凄い。

投稿: KYOSUKE | 2007年6月 6日 (水) 00時29分

大前さん、こんにちは。
私も昨日コカコーラzero飲みました。
味の印象としてはKYOSUKEさんとほぼ同じですね。ダイエットコーラの炭酸をもっと強くした感じでした。
私は昔出ていた「タブクリア」が恋しくて仕方ありません(笑)。あれが出ていた頃私は確か高校生だったかと思いますが、昨今の復刻ブームに便乗してまた再発してくれないかと願ってます(笑)。

投稿: nuno | 2007年6月 6日 (水) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/15328106

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロの話:

« 日本人の質問(その28) | トップページ | 865630の話 »