« 日本人の質問(その27) | トップページ | エコノミクス甲子園報告書(その2) »

2007年5月28日 (月)

エコノミクス甲子園報告書(その1)

 1週間ほど前、金融知力普及協会の人から、エコノミクス甲子園の報告書ができたので送るから住所を教えてくれというメールが来ました。さすがNPO法人だけあって、そういうところまできっちりやるんですね。我々だったら、終わってしまえばうやむやにしそうです。
 ところが、なかなか届きません。当ブログのネタにしようと思っていたのに。私が書いた住所に郵便物を送れば、現在の主な住居に転送されるはずなのだが。そして気づきました。もしかして、郵便ではなくメール便で送ったのではないか。そこで現地へ取りに行ったら、やはりありました。今やこういうのは郵政公社ではなくヤマト運輸を使う時代か。

 さて、その報告書は、予想もしなかったような立派なものでした。全ページオールカラーのグラビア印刷です。最初のページには、予選の全参加校が載っています。そして次のページは、金融知力普及協会理事長の伊藤元重へのインタビューです。伊藤元重といえば、1カ月前にBS朝日を見ていたら、「伊藤元重の経済×未来研究所」という番組が始まるという宣伝をしていました。その聞き手が丸川珠代なのです。で、今月の2回目で早くも聞き手が出演できなくなりました。
 それはそうと、「準備」というページがあります。参加者募集が最大の難問で、応募開始から2週間で、全国で応募が2チームしかなかったそうです。毎日新聞をはじめ複数の新聞に募集の記事が載ったが、高校生は新聞を読まないので反応はないとのことです。それで、高校へダイレクトメールを送ったり、高校生のブログなどに対して宣伝活動をして、ようやくあれだけの応募があったということです。これに関しては私もかかわっているかもしれません。エコノミクス甲子園というものがあって、その募集要項が高校生クイズをパクっているという情報を得て、それを当ブログに書いたら、一気にホームページへのアクセスが増えたそうですから。
 この後、当ブログとの関係を示すもっとすごい記述が次々と登場しますが、長くなったのでここまで。

|

« 日本人の質問(その27) | トップページ | エコノミクス甲子園報告書(その2) »

コメント

 大前さんの方にも届きましたか。<報告書

 すごい記述が満載なのは私も認識しておりますので、続きに期待しております(笑)。

投稿: モト局長 | 2007年5月28日 (月) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/15226526

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園報告書(その1):

« 日本人の質問(その27) | トップページ | エコノミクス甲子園報告書(その2) »