« 驚愕の事実(その2) | トップページ | マニアを落とす問題 »

2007年4月20日 (金)

驚愕しない事実

 「週刊オリラジ経済白書」の番宣のCMスポットでは「宮本アナのNHKの退職金は?」という文字が大きく出ていましたが、本編ではそんな話は一言もしていませんでした。
 ところで、あの番組を見て思ったのは「摩訶!ジョーシキの穴」のパターンになるのではないかということです。つまり、一生懸命情報を集めていい番組をつくっているのに、なぜか見てくれないということです。

 一方、番組対抗タイムショックをやっていましたが、この前、日曜日の昼にやっていたのと全く同じルールでしたね。日曜日の番組では最後に司会者が「本日はパイロット版、ありがとうございました」と言って解答者が一斉に突っ込んでいましたが、まさにパイロット版そのものだったわけです。あんな単発の期首特番にパイロット版が必要なのか? 夜にやった番組の最後では「次は秋にお会いしましょう」と言っていたので、レギュラー化されるというわけではありませんでした。

 さて、高校生クイズ情報の続きですが、今年もオリエンタルラジオが出るそうです。この事実には別に驚愕しませんでした。でも、昨年よりはるかに仕事が増えた中、どこまで予選に来られるのでしょうか。携帯サイトによると、いかにもオリラジが各予選に来るように読める表現になっているのですが。昨年あれだけの事件が起きながら今年もオリラジが起用されることより、本日の朝日新聞夕刊の林家正蔵の連載がそのまま掲載されていた方が驚愕でした(冒頭で謝っていたが)。

|

« 驚愕の事実(その2) | トップページ | マニアを落とす問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 驚愕しない事実:

« 驚愕の事実(その2) | トップページ | マニアを落とす問題 »