« 小ネタ | トップページ | 14回北陸大会(その1) »

2007年4月10日 (火)

日本人の質問(その24)

 ミクシィのエコノミクス甲子園のコミュニティによると、主催者側が作る今年の大会の報告書を希望者にくれるそうです。いつできるのかわかりませんが、これも仕事のうちですから作らずにうやむやになるということはないでしょう。

 それでは久しぶりに「クイズ日本人の質問」です。

−−−−(ここから)−−−−

ツタンカーメンのあごの下についている長いものは何?
つけひげ。当時のエジプト人はあごひげが生えなかったので、儀式に出るときは権力の象
徴としてつけひげをつけた。
「あこぎ」という言葉はどこからきた?
伊勢湾の阿漕浦では一般の人が魚を捕ってはいけなかったが、阿漕の平治という海賊が、
何度も捕ってもうけていた。そのような人のことをあこぎと呼んだ。あるいは、平治が親
孝行で、病気の親に魚を食べさせようとして捕っていたが、それを捕らえた人のことをあ
こぎだと言ったという説もある。
図書券の左上が斜めに切られているのはなぜ?
売れた枚数や回収した枚数を記録するために機械に番号を読み取らせるが、機械にかける
向きをそろえるために切り込みがある。
コーヒーに入れるクリームの容器の底にある番号は何のため?
容器をつくる型に番号がついている。容器に異常があった場合は、その番号の型を調べれ
ばよい。
横綱の土俵入りのときに、行司が「シー」と言って軍配のひもを回しているのはなぜ?
「シー」というのは「警ひつ」といい、静かにという意味。ひもを回すのは、柏手を打っ
て土俵を清めることを表す。
ナマズのヒゲは何のためにある?
触角の他に、味を知る役割がある。味蕾がついている。ナマズは腹にも味蕾がある。
メキャベツは畑ではどのようになっている?
茎の周りに密生している。葉のつけ根から出る芽が発達してできたもの。茎は高さ1メー
トル以上になる。「子持ちキャベツ」とも呼ばれる。
鳥のキウイはどうしてそういう名前がついた?
鳴き声がキウイという。

−−−−(ここまで)−−−−

 図書券の問題はもう出せませんね。
 行事が軍配うんぬんは見たことがありません。見たことがないものをなぜと言って問題にされてもおもしろくありません。以前書いたかと思いますが、第1回の高校生クイズで「赤穂四十七士に大石という名字は3人いる」というYES−NOクイズが出ました。これは、赤穂浪士に大石内蔵助と大石主税がいることは全員知っているという前提で、もう1人、マイナーな大石がいるという意味なのですが、当時の高校生の大半は大石内蔵助と大石主税を知らないと思われますので(いわんや今の高校生をや)、彼らにとっては「埼玉県の市は30である」と同じように全然おもしろくない問題だったでしょう。

|

« 小ネタ | トップページ | 14回北陸大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/14627429

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の質問(その24):

» 投資・資産運用情報商材2007年4月9日 TOP5 [投資・資産運用情報商材本日のランキング]
投資・資産運用情報商材本日のランキングをお届けします。 [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 03時34分

« 小ネタ | トップページ | 14回北陸大会(その1) »