« 22回北陸大会(その6) | トップページ | 22回北陸大会(その8) »

2007年4月 7日 (土)

22回北陸大会(その7)

 スポーツ新聞などに「えなりかずきが初ロマンス」と出ていましたが、相手はyumiなんですね。「クイズ日本の顔」で演奏していた人とそんなことをしていたのか。
 それでは22回北陸大会です。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

2週間前の北陸大会です。敗者復活は、縄跳びで勝ったグループに投票した中から
抽選で1チームが選ばれました。そして続けてその場で抽選会が行われている最中に
会場前方では新たな早押し機がセットされています。舞台の前に早押し機が16台
あって、舞台の上にも何か解答席が設けられています。

準決勝のルールは、各県4チームに早押しクイズが出されて、1問正解すると中央の
舞台上に上がります。そこでは通過問題が出されて、チームの3人それぞれが答を
書きます。3人とも正解なら決勝進出というものです。決勝に進めるのは各県2
チーム。なお、敗者復活のチームは、その県の1チーム目が勝ち抜けて空席ができた
時点で初めて参加できて、しかも最初に通過席に上がる際には2問正解しなければ
ならないというハンデがあります。

通過クイズは3人とも正解しなければならないのですから、難しいといつまでも
クイズが終わらないということはあるでしょう。それにしても簡単すぎます。「白と
いう字に1画加えると、どんな漢数字になる?」などという問題を通過クイズで出す
のです。今年の高校生クイズ、信じられないほど問題が簡単です。よくあそこまで
難易度を下げる勇気があると思います。どのクイズも何の展開もなく終わって
しまったらどうするのだろうという不安はないのか。また、あれだけ簡単な問題を
大量生産する技術もすごい。難しい問題はどんな資料からでも作れますが、簡単だと
かえってネタがなくなります。ちなみに、これだけ簡単にしても、それなりの誤答が
出るので、番組はちゃんと成り立っています。

通過クイズでの誤答も何回かあり、決勝進出の各県2チームが決まりました。さあ、
移動です。ここから決勝会場の小嶋屋に行くとなると、大形駅まで行って白新線に
乗って新潟で信越本線に乗り換えて亀田駅から歩くということになります。しかし
大形に止まる列車は1時間に1本ぐらいしかなくて、さっき新潟方面行きの列車が
阿賀野川の鉄橋を渡っていたところでした。また、会場近くにバス路線も通っていて
こちらはかなりの本数がありますが、行き先が新潟市の中心部で、新潟駅とは離れて
いるようです。公共交通機関を使うと決勝の開始に間に合わなさそうです。

−−−−(ここまで)−−−−

 23回の番組がああいう風になってしまう前兆が、すでに22回に現れていたということですね。

|

« 22回北陸大会(その6) | トップページ | 22回北陸大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/14585194

この記事へのトラックバック一覧です: 22回北陸大会(その7):

» えなり かずき 初ロマンス発覚!美人フルート? [えなり かずき 初ロマンス発覚!美人フルート?]
俳優、えなりかずき(22)の初ロマンスが発覚した。お相手は番組共演がきっかけで知り合った美人フルート奏者??? ...続きを見る [続きを読む]

受信: 2007年4月11日 (水) 18時43分

« 22回北陸大会(その6) | トップページ | 22回北陸大会(その8) »