« 幻の青春18きっぷ | トップページ | もっとドキドキ »

2007年3月 7日 (水)

エコノミクス甲子園全国大会(その12)

 気づいていませんでしたが、「ハケンの品格」の主人公は大前というんですね。「おまえじゃなくて大前です」というセリフは典型的な大前ネタです。ところで、

 浅田次郎の「オー・マイ・ガアッ!」の主人公の名前は「大前剛」といいます。

 それではエコノミクス甲子園です。決勝で判定するのは、福岡で司会をしていた人です。不正解なのにピンポンを押してしまって、次の問題は正解なのにブーを押してしまいます。
 そんな中、リードを広げてきたのはラ・サールでした。ラ・サールが8ポイントになったところで、急に司会者が思い出して問題を読む人の紹介をします。福岡と同じ人です。
 そしてついに、ラ・サールが10ポイントになりました。しかし通過問題は不正解です。

 その後、ラ・サールが全然答えられなくなります。この間に他のチームが追いついてきます。3年生のいるチームは「会社員が加入する年金」とだけ聞いて、正解が「共済年金」であることを読み切ります。そして次の問題は疑惑のチームが「NMW」を正解します。私はこの言葉を知りません。この問題はもちろん使い回しではありませんから、やはり相当クイズの訓練をしているようです。さらにラ・サールが2択を間違えます。この後、どんな展開になるのか。

|

« 幻の青春18きっぷ | トップページ | もっとドキドキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/14169666

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園全国大会(その12):

« 幻の青春18きっぷ | トップページ | もっとドキドキ »