« 史上最大の敗者復活戦(その13) | トップページ | 史上最大の敗者復活戦(その15) »

2007年3月22日 (木)

史上最大の敗者復活戦(その14)

 福島県の高校で、漢字検定の試験監督をする教師が葬儀に出るために1日早く実施したら、受験者が全員失格になったというニュースがありますね。前回、問題がネットに漏れたので、実施日をずらすことに非常に厳しく対処しているそうです。エコノミクス甲子園の関係者もこのことを肝に銘じないといけないのではないでしょうか。

 それでは史上最大の敗者復活戦の問題です。

−−−−(ここから)−−−−

問134 夏目漱石の「吾輩は猫である」。語り手の猫が飼われていたのは何という先生の家?
問135 「登竜門」の語源となった竜門とは、中国の何という川にある?
問136 「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」とうたった、放浪の女流作家は誰?
問137 三浦哲郎の小説「忍ぶ川」、この忍ぶ川とは何の名前?
問138 国定公園を指定するのは何長官?
問139 南北朝の動乱を描いた40巻の軍記物は何?
問140 最も調和のとれた分け方「黄金分割」を考えた有名な数学者といえば何?
問141 かきの土手鍋、この土手になるものは何?
問142 「話せばわかる」という言葉を残して暗殺された昭和初期の政治家は?
問143 太陽系の惑星を大きく2つに分けると、地球型とあとは何型?
問144 卵料理で、お湯の中にポトンと割った卵を落とすのは何?
問145 長谷川伸の名作「瞼の母」、ヒーローの名前は何?
問146 中国の小説「水滸伝」で、108人の英雄・豪傑が立てこもったと言われるのは、
山東省のどこ?
問147 宝くじの当せん金、受け取るときハンコがいるのはいくらから?
問148 ナポレオンが皇帝になったため、ベートーベンが激怒してその題名を変えてしまっ
たという名曲は何?
問149 ラテン語の「サラーレ」が語源とされ、塩で味付けしたという意味の料理といえば
何?
問150 昔から大判・小判の色に例えられる花は?
問151 「花やさい」とも呼ばれる、キャベツの変種は?
問152 徳川時代、一番長く将軍だった人物は誰?
問153 トロイ戦争が起こった原因とされる、ギリシア神話の絶世の美女は誰?
問154 ルーレットの番号は何番まである?
問155 フランス語で「ギニョール」と言ったら、どんなものを使った劇?
問156 百人一首の百番目、「百」という漢字で始まる歌の出だしは?

−−−−(ここまで)−−−−

 問題文の雰囲気が、昔の感じがします。こういうジャンルからこういう短文の問題を出すネタがあったのかと思います。でも難度は高い。私は事前に正解を調べているわけですが、そうでなければ3分の1ぐらいしか答えられないと思います。

|

« 史上最大の敗者復活戦(その13) | トップページ | 史上最大の敗者復活戦(その15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/14344248

この記事へのトラックバック一覧です: 史上最大の敗者復活戦(その14):

« 史上最大の敗者復活戦(その13) | トップページ | 史上最大の敗者復活戦(その15) »