« ブログと国家 | トップページ | 22回北陸大会(その2) »

2007年3月30日 (金)

22回北陸大会(その1)

 当ブログが中国で読めなくなる理由で、もう一つ思い当たりました。「史上最大の敗者復活戦」の問題を載せたとき、「中国共産党では、党員の葬式に赤い喪章をつける」というのがありました。この正解は×ですが、中国共産党について誤った情報を流布しているから当局が妨害したのでしょうか。そういえば、勝谷誠彦は4月から福澤の「ピンポン!」のレギュラーになるそうですね。

 それでは最近話題の22回北陸大会です。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

この会議室で、ゴールデンウィークに「TVクイズ番組攻略マニュアル」という本の
出版記念トークライブが歌舞伎町で開かれたというのが書いてあったと思います。そこ
で、客が○×クイズをやって勝ち残った人がクイズ王と対戦して1問とったので本を
贈呈したというようなことが書いてありました。その客の1人は私です。なぜ私が全問
正解できたかというと、問題が良かったからです。立命館大学の学園祭で過去に出題
された問題らしいですが、さすがです。問題制作者がクイズを愛しているなら絶対に
こちらの答えでなければならないという方がすべて正解でした。以前にも書いたことが
ありますが、自治体などがいいかげんにやる単発のクイズ大会では、問題制作者の
レベルがどの程度低いかを予想して、それに合わせて答えなければなりません。「この
問題文で高校生クイズなら○だが、この程度のイベントなら問題制作者は×にしてくる
だろう」とか。そういえば以前、某有名クイズプレーヤーが主催するクイズ大会を
のぞいたことがあるのですが、ここでの○×クイズがひどかった。この人は○×クイズ
をまったく理解していないということがわかります。例えば「埼玉県の市の数は30で
ある」というような問題が出ます。埼玉県の市が29や31でなく30であるかどうか
を考えることのどこがおもしろいのか。解答者に対して失礼です。これが「三重県の市
の数は30である」なら問題として成立します(誰も間違えないだろうが)。あとで
聞いたのが、この人は○×クイズが苦手ということで有名らしい。あと、TVクイズ
番組攻略マニュアルについてのアンケートがあって、そこに書くのを忘れていました
が、間違いがあります。アタック25の年末のチャンピオン大会でパーフェクトを達成
したのは1人だけではありません。大昔に青木という人が達成していたと思います。

こんなことを長々と書いてきたのは、これから書く北陸大会と関係があるからです。7
月14日、「新潟たび割7きっぷ」で新潟駅に向かいます。行きに新幹線の1番列車か
2番列車を使うことで往復の新幹線代が半額ぐらいになる切符です。私は当然、1番
列車の指定券を選んだのですが、新潟で白新線への接続が悪い。会場最寄り駅の大形に
止まる列車が非常に少なくて、40分以上後に着く2番列車と同じになってしまうの
でした。

−−−−(ここまで)−−−−

 歌舞伎町のロフトプラスワンでのトークライブについては少し前に書きました(おっぱいだらけのフードル祭りがどうのというやつ)。
 たび割7きっぷが廃止されて、東北と北陸大会に行くのは非常に不便になりました。これで思い出しましたが、ずいぶん前に、JR東日本のサービスを批判する本を立ち読みしました。国鉄を民営化したからこんなに悪くなったということが書いてあるのです。その中で、読者からは、「EEきっぷのような安い切符が出たのは民営化されてサービスがよくなった証拠だ」という反論があることを想定して、「あんなものはご祝儀相場で、すぐに廃止される」と書いてありました。そして実際、リニューアルを繰り返して事実上どんどん高くなって、結局なくなりました。EEきっぷというのは確か、10000円で土日の2日間、JR東日本が新幹線を含め乗り放題というものです。今春は「ムーンライトながら」も、いかにも乗ってほしくないかのようなダイヤ変更がありましたし。

|

« ブログと国家 | トップページ | 22回北陸大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/14454184

この記事へのトラックバック一覧です: 22回北陸大会(その1):

» 葬式の服装 [葬儀 葬式 マナー]
突然の訃報で通夜 お葬式に駆けつけるときなどお葬式に参列するときのマナーなどをお役立てください。また服装などのチェックも忘れてはなりません。 [続きを読む]

受信: 2007年3月30日 (金) 07時03分

« ブログと国家 | トップページ | 22回北陸大会(その2) »