« エコノミクス甲子園全国大会(その5) | トップページ | エコノミクス甲子園全国大会(その7) »

2007年2月25日 (日)

エコノミクス甲子園全国大会(その6)

 ついにミクシィにエコノミクス甲子園のコミュニティができましたが、スタッフの人が書き込んでいました。第2回はNPO法人の事業計画に盛り込まれているそうです。ところで、ミクシィの高校生クイズのコミュニティは、管理人が17回で全国大会に出た人で、全体に17回を賞賛するようなトーンがあるので、私とは相容れません。

 それではエコノミクス甲子園です。筆記の最中に、金融機関の人たちだけ別室に呼び出して企画の説明をしています。これが、来年予選会場が増えるかどうかのポイントですからね。今回、中国銀行の人がいたようでした。これで、私の知る限り、高校生クイズでいう10地区のうち四国以外のすべての地区の銀行と接触をとったことが確認されています。
 ここで配られたと思われる、決勝大会のご案内というカラーのパンフレットを持っている人がいます。この話についてはすでに書きましたね。やはり寄付が日興コーディアルであることは、第2回開催への不安材料になっているようです。

 筆記第2ラウンドの前に、第1ラウンドの解答がモニターに出ます。後の方の問題は、選択肢がものすごく長い。5行ぐらいの文章になっています。予選ではここまでのはありませんでした。大学入試でもこんなのは出ないでしょう。まったく読み切れませんでした。

 さて、控室には弁当があります。私は「スタッフ」なので食べられます。その弁当が「まい泉」なのです。カツサンドも入っています。今回は思い切って豪華にしたらしい。名前は聞いたことがあります。よくテレビのバラエティなどで「まい泉の弁当が出た」などと言っているような。政治家がよく利用しているそうです。

 この後、昼食時に不気味なほどの美人たちは登場するのでしょうか。

|

« エコノミクス甲子園全国大会(その5) | トップページ | エコノミクス甲子園全国大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/14037091

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園全国大会(その6):

« エコノミクス甲子園全国大会(その5) | トップページ | エコノミクス甲子園全国大会(その7) »