« メガチキンフィレオ | トップページ | エコノミクス甲子園福岡大会(その4) »

2007年2月10日 (土)

エコノミクス甲子園福岡大会(その3)

 昨夜はなぜかネットがつながらなくなって投稿できませんでした。ようやく復旧させました。

 Googleで「メガチキンフィレオ」で検索すると当ブログが4位になると書きましたが、その翌朝には60位まで落ちていました。それとともにブログのアクセス数も元に戻りました。このメニューについて他に言及するサイトが増えてきたのでしょう。なお、私がメガチキンフィレオを食べた店では、他のメニューを注文した客にまでいちいち「次回は10店舗限定のメガチキンフィレオを食べてください」と言っています。

 それではエコノミクス甲子園です。開場前の会議室に入ります。福岡大会はもともとスタッフが足りないので困っていたらしいですが、我々がパソコンの操作をやることになりました。1台は結果発表や解答時間の音を流すもの、もう1台はルール説明などをプロジェクターに映すのと決勝の得点表示です。いずれもフリーソフトなどを使って手作りでやっています。このパソコンの中には、解答を表示させるために筆記クイズの全問題も入っているわけで、USBメモリを持ってくれば、取っていくことも可能でした。
 決勝の早押し機についている回転灯は赤、青、緑、黄ですが、この会場では赤の代わりに紫になっています。しかも他の会場よりかなり古びています。つまり毎回地元の業者からレンタルしているらしいことがわかります。

 大会の開催にあたって、東大寺学園にも声をかけたらしいですが、応募はありませんでした。福岡大会の応募が6チームだということがわかりました。そして他の2大会の欠席率から予想して、会場に来るのは4チームではないかと言っています。それだと筆記の結果に関係なく決勝に出られるわけで、22回高校生クイズの島根状態ではないか。少なくとも26回高知状態にはなってほしくない。
 果たして高校生たちはやってくるのか。それは次回。

|

« メガチキンフィレオ | トップページ | エコノミクス甲子園福岡大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/13855311

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園福岡大会(その3):

» 使える解凍ソフトはここから!! [このフリーソフトの解凍ソフトは使える!!]
圧縮されたファイルをフリーソフトの解凍ソフトで解凍しようと使える解凍ソフトを探している方のためのサイトです。少しでも使える解凍ソフトが見つかればいいなと思っています。 [続きを読む]

受信: 2007年2月13日 (火) 16時56分

« メガチキンフィレオ | トップページ | エコノミクス甲子園福岡大会(その4) »