« エコノミクス甲子園全国大会(その3) | トップページ | ダブル不祥事 »

2007年2月22日 (木)

エコノミクス甲子園全国大会(その4)

 Wikipediaに「全国高校生金融経済クイズ選手権」(=エコノミクス甲子園)という項目ができたと思ったら、「全国高等学校クイズ選手権」の項目に、「全国高校生金融経済クイズ選手権とは一切関係ない」という記述が追加されていました。でも、ホームページの「参加の流れ」は全く同じなんですけどね。早くもこんな記述ができるというのは、現場で見たマニア系の人が、企画としての可能性を感じたからでしょう。

 それでは、3回書いてもまだクイズが始まらない全国高校生金融経済クイズ選手権全国大会です。今回は名札が肩書きで区別されています。「スタッフ」「一般観客」の他に、「引率」とか「報道」とか「金融機関」というのがありました。
 正面のプロジェクターにオープニング映像が流れます。メディアランナーを使っていたときの高校生クイズと同じで、これまでの大会の写真を使った、非常に凝ったつくりになっています。福岡大会から3週間かけて、主催者のあの人は、こんなものをつくっていたのか? そういえば福岡大会の会場の1階にも、変に凝ったデザインのポスターを掲示していました。
 ブラインドを全部閉めている理由はこれを流すためだったのか。それにしても長すぎます。BGMを1曲全部聴かせてどうするんだ。

 開会宣言があります。高校生クイズでライオンの人がやるのと非常に似ています。そして窓のブラインドが開きます。非常に見晴らしがいいということで代表チームをこの会場に呼んだはずなのに、今日は東京タワーも新宿も武道館も見えません。なお、午後遅くになって晴れてからこの部屋に来たら、東京タワーがものすごく近くに大きく見えます。逆に言うと、あれだけ近くて大きなものが見えなくなるということは、いかに天候が恐ろしく悪いかということです。この冬、最もマラソンをやってはいけない日に東京マラソンは行われました。やはり、主催者側の最高責任者の普段の行いがよほど悪いのでしょう。息子に便宜を図るとか。

 この後、司会者が恐るべき発言をします。またクイズが始まらなかった。

|

« エコノミクス甲子園全国大会(その3) | トップページ | ダブル不祥事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/14002809

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園全国大会(その4):

« エコノミクス甲子園全国大会(その3) | トップページ | ダブル不祥事 »