« エコノミクス甲子園全国大会(その1) | トップページ | エコノミクス甲子園全国大会(その3) »

2007年2月20日 (火)

エコノミクス甲子園全国大会(その2)

 エコノミクス甲子園全国大会の際、大阪代表のチームから、ブログを読みまくっていると言われました。ということは、大阪大会決勝の4チームのうち、疑惑のチーム以外は全部、当ブログを読んでいたということです。ラ・サールには福岡大会のときに、読んでいると言われました。そして、主催者側からも、午前0時を回ると更新ボタンを押し続けると言われました。

 それでは全国大会の続きです。確か今度は東京が見渡せる高い場所でやると言っていたので、とりあえず上の方の階にエレベーターで上ってみます。しかし、普通の銀行のオフィスがあって、ウロウロするのが非常に危険な場所もあるので、エレベーターから顔を出しては周囲を見回して1つ下に行くというのを繰り返します。
 結局わからなくて、東京大会をやっていた3階へ行ってみました。そしたら、リハーサルをやっているではないか。結局、前回と同じ会場になったのか。JALのニューヨークのポスターがたくさん張ってあります。早押し機の回転灯は、緑がなくて代わりに紫があります。

 福岡代表の、修学旅行があると言っていたチームは結局来なくて、5チームで全国大会をやるそうです。それなら福岡の決勝で3位だったチームを代わりに呼べばいいのに。話は変わりますが、第1回と第2回の高校生クイズでは、関東大会はいずれも12チーム勝ち抜けだったのに、どちらも全国大会には11チームしか出ていません。辞退したチームの代わりを呼ばなかったということです。ところが第1回で関東と同時に行われた近畿大会は、ウルトラクイズの第1次予選と同じように補欠を集めて、実際に補欠1位のチームは全国大会に出ました(高島高校が辞退したので代わりに比叡山高校が出たということに番組内で言及している)。現在は都道府県ごとに1代表なので、辞退チームの代わりを出さないということはあり得ません。

 この後、まだ私が知らなかったことがあります。

|

« エコノミクス甲子園全国大会(その1) | トップページ | エコノミクス甲子園全国大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/13979439

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園全国大会(その2):

« エコノミクス甲子園全国大会(その1) | トップページ | エコノミクス甲子園全国大会(その3) »