« エコノミクス甲子園福岡大会(その3) | トップページ | エコノミクス甲子園福岡大会(その5) »

2007年2月11日 (日)

エコノミクス甲子園福岡大会(その4)

 さっき「IQサプリ」の「なかとりサプリ」で、「るもい」と答えた人が失格になっていました。周りが「そんな言葉はない」という中、北海道の留萌だと抗議したら、画面に「地名は国、都道府県、県庁所在地以外は×」というルールが表示されました。そんなルールは明らかに今までなかったはずで、スタッフがよくわからずに失格にしてしまったので、番組の整合性をもたせるために後付けでそんなルールを作ったんでしょうね。大型公共事業を推進しようとする行政の論理と同じで、まず失格ありきです。

 それではエコノミクス甲子園です。10時になって、高校生が入ってきました。高校生クイズで代表になっていたラ・サールがまた来ています。なお、ラ・サールはもう1チーム応募していることになっていますが、来ません。そして初の男女混成チームもいました。それにしても全部で3チームしかいません。これでは決勝の早押しさえ成立しなくなります。
 受け付けを延長します。10時50分になってようやく4チーム目が来ました。これで高知を脱却して島根にはなりました。

 ここでの司会は大阪で問題を読んでいた人です。問題は女性が読みます。司会のあいさつで「子どものころからお金の勉強をしないから、お金に振り回されて、最後は人殺しまでする」。クイズ大会の開会あいさつで人殺しの話をするなんて前代未聞です。
 そして、私にメールを出してきた人の開会宣言です。「皆さんは非常にラッキーです」。筆記試験の結果がどうであろうと決勝進出が保証されているわけですから。それでも筆記はやるのか。この地区の筆記は、東京と大阪で出た問題のうち、みんなできる簡単な問題は外して入れ替えたそうです。よって福岡が最も難しくなっているとのことです。

 この後、筆記クイズの思わぬ仕組みが明らかになります。

|

« エコノミクス甲子園福岡大会(その3) | トップページ | エコノミクス甲子園福岡大会(その5) »

コメント

私も「なかとりサプリ」のあれには怒りましたね。「(前に誰かが答えた)佐賀県の伊万里(いまり)がOKだった、なら北海道の留萌(るもい)もOKじゃないか!!」って。

投稿: | 2012年12月25日 (火) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/13863593

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園福岡大会(その4):

« エコノミクス甲子園福岡大会(その3) | トップページ | エコノミクス甲子園福岡大会(その5) »