« エコノミクス甲子園東京大会(その5) | トップページ | エコノミクス甲子園東京大会(その7) »

2007年1月20日 (土)

エコノミクス甲子園東京大会(その6)

 そういえば、昨日の「うたばん」は、「アタック25」と「世界まるごとHowマッチ」のパロディーだったようですね。テレビ欄を見ても、そうだとはわかりません。こういう、後でわかった場合に備えて、ロケーションフリーだけでなく、ソニーの3週間分全番組録画機でも買うか。

 それではエコノミクス甲子園です。決勝に残った4チームが前の解答席についています。その中に、3年生チームがいました。まさかこの時期に3年生で出場までこぎ着けるチームがいるとは。

 決勝のルールです。問題が出るとボタンを押して解答権をとるわけですが、答えることができるのは、あらかじめ決めた1人だけです。なぜそんなルールにする必要があるのかわかりません。また、ボタンを押してから考える時間が15秒あります。早押しクイズとしては異常に長い。不正解の場合、その問題のみもう答えられませんが、それ以外のペナルティーはありません。正解が出るまで全チームに1回ずつボタンを押す権利があります。「カルトQ」方式の早押しです。

 1問ごとに司会者が「第○問」と言って、アタックが鳴ります。そのアタックが、アメリカ横断ウルトラクイズと同じものです。しかも、東京ドームとかアメリカ本土で使うのではなく、グアムとかハワイで使われるやつです。どこでこんなものを手に入れてきたのでしょうか。誰かが持っていたウルトラクイズのビデオから録音したように思うのですが、よく関係者にそんな人がいたものです。

 この後、もっと驚くアタックがあります。

|

« エコノミクス甲子園東京大会(その5) | トップページ | エコノミクス甲子園東京大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/13576159

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園東京大会(その6):

» 児玉清のものまね(博多華丸、大吉) [児玉清のアタックチャンス!]
確か芸人さんで児玉清のものまねしている人いますよね。 え〜とえ〜と博多華丸・大吉だっ! やっと思い出せました。 あの博多華丸の児玉清のものまね結構面白いですよね。 児玉清の「アタックチャンス!」とか・・。 児玉清のアタック25はもう国民的ですもんね。 私もたまに児玉清の番組見てますよ。 挑戦者の人よりか児玉清を見てます。 博多華丸・大吉の児玉清のものまねを思い出しながらみるとなぜか笑えてきます。 �... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 20時17分

« エコノミクス甲子園東京大会(その5) | トップページ | エコノミクス甲子園東京大会(その7) »