« 26回全国大会(その11) | トップページ | 26回全国大会(その13) »

2007年1月11日 (木)

26回全国大会(その12)

 ウィキペディアの「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」で、東野幸治についての記述に、そのまんま東さんの代役でというのが急に追加されていました。これって、当ブログのまくらで書いたことではないか。他にもウィキペディアで、それはここのまくらで書いたことではないかという記述が散見されます。

 それでは全国大会です。2日目、上野駅から普通列車で後閑に向かっています。そしてバスに乗り換えて、再びたくみの里にやってきました。しかし何もやっていません。私の予想が完全に間違っていたということです。この文章を読んで、今年ここを使うということはないだろうな。国道に降りて、付近の温泉街などいろいろ歩いてみますが、結局クイズ会場を見つけられませんでした。この自治体のどこかで今クイズをやっていることは確実なのに。

 バスで後閑駅に戻りました。15時台です。ちょうど上りの特急が来ます。その列車を見ると、あの人が! 今度は、東大の前に住んでいる人ではなく、それと同姓の本当のスタッフです。一緒に大勢の高校生が乗っています。どこかでやったクイズの収録が終わって、もう帰るところなのか。乗っている高校生は勝者だと思われます。後閑で上り列車にすでに乗っていたということは、理論上、水上から乗ったとしか考えられません。つまりクイズ会場は旧水上町だったのです。水上駅から歩き回ったら見つけられたところかもしれません。実際、番組を見ると、ゴール地点か結果発表の場所は発見することができただろうと思われます。

 しかしこの日の私の行動はまだ終わりません。

|

« 26回全国大会(その11) | トップページ | 26回全国大会(その13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/13428975

この記事へのトラックバック一覧です: 26回全国大会(その12):

« 26回全国大会(その11) | トップページ | 26回全国大会(その13) »