« エコノミクス甲子園大阪大会(その3) | トップページ | エコノミクス甲子園大阪大会(その5) »

2007年1月28日 (日)

エコノミクス甲子園大阪大会(その4)

 今週のNHKの「熱中時間」では、分水嶺のマニアが登場します。この人の本は私も買いました。

 この人が鹿屋市で分水嶺を探していたら、自衛隊の基地にぶつかってしまいます。それで、フェンスから中をのぞいていたら不審者とみなされるのですが、熱意が通じて、基地内に入ることに成功するのです。NHKのカメラがついていたことがどのくらい影響していたのかわかりませんが、なんか、あるクイズ番組の収録を見ようとしている人たちを思い出しました。ちなみに、高校生クイズが自衛隊の敷地内で行われたことが過去に1回だけあります。

 それではエコノミクス甲子園です。筆記試験で落ちた中に灘高がいることがわかりました。勝った中には当然、クイズ研がいます。司会者も東京よりはクイズ研の生態を認識しているようです。問題を読むのはここでも制作の責任者側の人ですが、東京よりはまともに読めそうです。「大阪のためにとても簡単な問題を用意してきました」。
 1問目、非常に難しい問題なのに女子が取ります。しかしその後、沈黙が続きます。
 「トマト銀行は野菜の名前がついていますが、果物の名前がついている銀行は?」という問題が出ます。全然わかりません。正解は「びわこ銀行と山梨中央銀行」。そんな難しい問題が出るのか! 解答者のレベルはそこまではいかないと思うぞ。さらに、「日本の銀行名で最も大きい数がついているのは?」という問題が出ます。高校生は八十八とか百五とか百十四とか答えますがすべて不正解。そして正解は「八千代銀行」。これもできないだろ。そんなことを言い出したら、京都銀行はどうなるんだ。関係ありませんが、「TVクイズ大研究」で、「日本の都道府県名で最も大きい数がついているのはどこ? という問題で、自称雑学博士という人は三重県と答えて、伊勢神宮がどうのといったうんちくを並べ立てるが、クイズのできる人は千葉県に気づく」というようなことが書いてあります。しかし後で間違いに気づいて、「TVクイズまる金必勝マニュアル」では、同じ問題をわざわざ載せて、正解を京都府にしていました(東京都もあるが、それは書かれていない)。

 この後、想像もつかないような展開になります。

|

« エコノミクス甲子園大阪大会(その3) | トップページ | エコノミクス甲子園大阪大会(その5) »

コメント

いつもお世話になっております。ゆえあって匿名で失礼します。八千代銀行問題の件ですが、大正銀行がありました。極のついた銀行はたぶんないです。

投稿: 愛読者Y | 2007年1月28日 (日) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/13685230

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園大阪大会(その4):

« エコノミクス甲子園大阪大会(その3) | トップページ | エコノミクス甲子園大阪大会(その5) »