« 26回南九州大会(その6) | トップページ | 26回南九州大会(その8) »

2006年12月 6日 (水)

26回南九州大会(その7)

 @niftyのココログが、夏に続いて50時間以上もメンテナンスに入るということに気がついていませんでした。これは事前に書いてあったものです。

 それでは南九州大会です。敗者復活戦が12時35分ごろに終わって、続いて抽選会です。まずはライオンのキレイキレイセット。吉永アナが「私もこれ使ってます」。引かれる番号が、熊本県の300番台ばかりです。逆に、熊本は300チーム以上の応募があったということか。九州地区を分割した効果があったということです。いくら引いても熊本しか出てきません。しかも、暑くてみんないないので、なかなか該当者が現れません。吉永アナは、いないときのカウントダウンを「とう秒前、ここのつ…」と言っていました。きゅうと言うとキューと間違えるからでしょうが、高校生相手にそんな業界用語を使っても…。
 キレイキレイの当選者が全部決まらないうちから鈴木アナが現れました。すると、今まで抽選会に参加していなかった人たちもTシャツ目当てに走ってきます。ここでジャンケン大会をしている間に会場の外に出てみたら、ようやく決勝の機材を見つけました。どうやら最後まで熊本城の中でやるようです。

 この後、抽選会を通じてようやくあることがわかります。それは次回。

|

« 26回南九州大会(その6) | トップページ | 26回南九州大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12967363

この記事へのトラックバック一覧です: 26回南九州大会(その7):

« 26回南九州大会(その6) | トップページ | 26回南九州大会(その8) »