« 街道てくてく旅 | トップページ | あの書き込みの続き »

2006年12月 2日 (土)

26回南九州大会(その4)

 今夜の「ランキンの楽園」で、過去5年の視聴者参加クイズ番組で最も多く出た問題は何かというのをやっていたんですね。気づいていませんでしたが番組ホームページで見られます。それにしても私はずっと、この番組は関西ローカルだと思っていました。水曜日の毎日放送枠と交換されていたのか。

 それでは南九州大会です。敗者復活をする条件の問題は、九州7県の、天守閣を持つ城9つのうち7つを答えるというものです。当然正解します。
 改めて、2回戦に進出するのが8チームであることが発表されます。2回戦? また4段階あるのか? 沖縄から近畿まで10カ所の予選が全部3段階なのに、どうして最後の2つの予選だけクイズが多いんだ。私の考えは、中国大会が高校生クイズ最後の予選になるかもしれないのでクイズを多くやったが、悪天候で南九州大会がその後に回ったので、こちらが最後の予選になるということで、急遽4段階に増やしたのではないでしょうか。

 続いて「宮崎県8チーム決定!」。1問で決まりました。宮崎が9チーム以上来ていたことの方が意外かもしれません。
 2問目、サケの遡上の問題ですが、「遡上とは、さかのぼるということです」とつけ加えます。こんな注釈がつくのは初めてです。続いて3問目はオリンピックについてですが、一度問題を読んでから、問題文の表現を変えました。北東北のときにもそういうことがあったと思いますが、今回の問題文を耳で聞くと別の意味にとられる可能性があって、そちらについては正解の確認がとれていないからだと思います。

 この後、鈴木アナが重大な言い間違いを。それについては次回。

|

« 街道てくてく旅 | トップページ | あの書き込みの続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12897807

この記事へのトラックバック一覧です: 26回南九州大会(その4):

« 街道てくてく旅 | トップページ | あの書き込みの続き »