« 18回中部のYES−NOクイズ | トップページ | 26回南九州大会(その2) »

2006年11月28日 (火)

26回南九州大会(その1)

 さっきBS2の「週刊お宝TV」の再放送では、「私の秘密」についてやっていました。お宝TVはなぜか来年2月から、月1回の2時間番組になるそうです。どうもこのところのNHKは、年明けの変な時期に番組改編を行うことが相次いでいます。これって、国会でのNHK予算審議をにらんでいるとしか思えないのですが。

 それではいよいよ南九州大会です。高校生クイズ史上初の雨天順延で8月10日になりました。これにより盛岡・仙台・大阪・広島・熊本で1日おきに予選があるというむちゃくちゃなスケジュールです。やはり東北と九州の分割には無理があったのではないかと思うのですが、その分、高校生は集まるのでしょうか。
 21年ぶりに熊本県民テレビがかかわる予選です。中止になった日と違って、快晴でものすごく暑い。会場の熊本城奉行丸で10時20分ごろ、吉永アナが呼びかけると、へいの日陰にぴったりくっついている高校生たちが集まってきます。結構人数がいます。おそらく福岡で予選をやったら、3県でこの人数にはならないでしょう。

 「オリエンタルラジオに会いたいかーっ! 会いたいですよね。でも残念ながら、この会場には来られません」。ということでTシャツの抽選会です。熊本県民テレビの常務取締役があいさつします。「今日こうやって参加できるのもライオンのおかげです。同時に、ご提供各社の皆さんにも厚く御礼申し上げます。さらに熊本城関係者にも…」。つづいてライオンの九州エリア副統括の人のあいさつです。私の予想通り、北九州大会は九州エリア統括の人だったのでこちらは副統括でした。

 鈴木アナが登場しますが、ここでラルフ史上初の演出があります。それは次回。

|

« 18回中部のYES−NOクイズ | トップページ | 26回南九州大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12851926

この記事へのトラックバック一覧です: 26回南九州大会(その1):

« 18回中部のYES−NOクイズ | トップページ | 26回南九州大会(その2) »